FXで稼ぐ

アメリカ牧師解放によるトルコリラへの影響【外国為替FX】

更新日:

トレイダーズ証券 みんなのFX

2018年10月12日トルコにて拘束されていたアメリカ人の牧師が解放されました。

トルコリラ暴落の大きな要因となったこのアメリカ人牧師拘束でしたが、解放によってトルコリラのチャートがどう影響を受けるのか解説していきます。

 

アメリカ人牧師が拘束された理由は?

そもそもアメリカ人牧師がなぜ拘束されたのかというと、2016年に起こったクーデター未遂事件の首謀者としてアメリカ人の牧師が疑われたことが理由です。

この牧師を首謀者だと発言する証人がいたことが主な理由だと発表しています。

ソース:https://www.yomiuri.co.jp/world/20181012-OYT1T50132.html

 

なぜ牧師は解放されたのか?

禁固刑が確定とされていたこのアメリカ人の牧師ですが、なぜこのタイミングで解放されることになったのか。

 

実は牧師は有罪判決を受けています。その実刑は3年間

しかし、裁判の判決結果が長引いたことにより拘束期間が3年を超えていたことですでに刑期は終了でいいのではないか?というような流れにより釈放となりました。

 

なんだか日本の裁判とは違うので違和感がありますが、トルコ政府も実は早く解放したかったのではないかな?と私は個人的に考えています。

 

その他、クーデター未遂事件の首謀者として疑われた原因となる証人がその証拠を撤回したことが原因のようです。

 

 

トランプがツイッターに「すぐに帰国するだろう」と発言

これを受け、アメリカのトランプ大統領がツイッターに「ブランソン牧師が解放されたようだ。すぐにアメリカへ帰国するだろう」と書き込みました。

牧師の解放がなければ制裁を緩めることはないと発言していたので、今後はトルコ情勢が回復へと向かうことが考えられます。

 

トルコリラの値動きにどう影響する?


やはり、通常の流れを考えるとトルコリラの値動きは回復へと向かうでしょう。

しかし、牧師解放までに時間を要したことでその間にトルコリラが受けた厳しい状況により立ち直りが難しくなっているというのも現状です。

 

牧師解放当日のトルコリラ市場は好調、19円代でクローズ

アメリカ人牧師が解放された当日の値動きは18.4円〜19円まで値上がりを見せクローズしました。

ショートポジションを持っていた投資家がリスク回避のためにポジションを手仕舞いしたためと考えられます。

 

一気に値上がりはするのか?

当日に19円代まで値上がりを見せたトルコリラですが、さらに大きく値上がりする可能性はあるのでしょうか?

アメリカ人牧師解放は投資家にとっては一番大きなニュースだと考えられるので、買いポジションが増えることは間違い無いでしょう。

しかし、現在アメリカドルへ流れている資金がトルコリラへ大きく流入するためにはもうひと押しが必要だと考えられます。

 

アメリカドルは年内の利上げが確実ですので、なかなか流入が難しいかもしれません。

25円代を目標にして、そこのラインを上抜けると大きく回復する可能性が考えられるでしょう。

 

トルコリラは今買うべきか?


今回のアメリカ人牧師解放を受け、市場は好感を持っています。前向きなので今後は上昇トレンドへと向かうと考えるのがベターです。

スワップ金利目的で投資するのが今までのトルコリラの投資法の常套手段でしたが、今のタイミングであれば短期的に大きく利幅を狙うことができます。

 

しっかりと損切りラインを決めて勝負に出るのも1つの手では無いでしょうか?

今後もトルコリラの情報に期待して外貨為替FXを楽しみましょう!

トレイダーズ証券 みんなのFX

-FXで稼ぐ

Copyright© お金稼ぎ地獄 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.