FXで稼ぐ お金のコラム

【2019年更新】トルコリラ大暴落からこれからの投資ポイントまとめ【外国為替FX】

更新日:

※こちらの記事には2019年の最新情報も随時後半に追記していきます。

 

2018年8月

トルコリラが暴落してFX投資家達の悲鳴が世界中に鳴り響きます。

 

トルコリラは一時日本円で15円代まで下落しました。

 


相場の急落によるロスカットで大損失を出し、退場する人達がツイッターに現れて拡散される事態にもなっています。

借金を抱えた人の不幸を面白がって広がっていくこともSNS時代らしいですね。

 

 

元々、トルコリラは高金利通貨なのでスワップ金利を目的とした長期的な投資方法で運営している方が多かったと思われます。

 

大手証券会社もスワップポイントでコツコツ投資といった謳い文句で売り出していました。

嘘ではないですが、やはり投資は分散することが必要だと思い知らされる結果ですね。

 

トレイダーズ証券 みんなのFX

 

 

外国為替市場で10%以上の値動きは異常事態

 

株式投資や仮想通貨市場では急騰・暴落はよくある話ですが、外国為替の市場で10%も20%も値動きがあるというのはとっても稀な出来事です。

 

株式とは比べ物にならないほどの大資本が入っているので、そんなに大きく動かせるものではないのです。

 

誰かの個人的な思惑で大きな値動きを見せることはほぼ不可能と言われています。

 

 

 

結局のところトルコリラ暴落の原因はなんだったのか?

 

トランプ発言や関税の問題などなど色々な原因があるとされているのですが、結局なにが原因だったのでしょうか?

 

単純なひとつの出来事だけが原因ではなくさまざまな要因があると考えられるので紹介していきます。

 

トルコの経済状況、インフレの影響

 

簡単に一言でいうとトルコの経済状況が良くなかった。ということは大きな負の原因でした。

 

貿易赤字が続いていたことやインフレ率でいうと毎年10%以上の上昇が起こっていました。

日本はインフレ上昇を目指していてなかなか実現できていませんが、トルコの場合のインフレ上昇は喜べない上昇なのかもしれません。

 

 

2018年6月の金利引き上げ

 

トルコ政府は2018年6月に金利を1%引き上げました。

 

それによりトルコリラ高につながっていきます。

 

 

7月の大統領選で現職のエルドアンが当選

 

大統領選にてエルドアン大統領が当選しました。

 

大統領選後の市場予測としては金利は更に上昇していくとの予測をしていたのですが、その予測を裏切る形で金利は据え置きという政策がとられます。

 

この予測を裏切ったことで、トルコリラが大きく下落。

 

この大暴落のキッカケとなります。

 

 

アメリカとトルコと中東戦争


トルコは地理上の関係もあり、アメリカが行なっている中東戦争の影響を受けています。

 

中東戦争におけるクルド人を介した武器の支援問題などの対立があるなか、トルコ側がアメリカ人の牧師を拘束しました。

 

そこで怒ったアメリカのトランプ大統領が「牧師を解放しなければトルコに制裁を加える!」と声明を出したのです。

 

近年の為替市場はトランプ大統領の発言に大きく振り回される傾向が強くあるため、機関投資家もトランプ大統領のツイッターを監視して売買をするくらいです。

 

もちろん市場はリスク回避の方向へと向かい、これもトルコリラ暴落の一因となりました。

 

 

エルドアン大統領が対抗措置を出すまさかの展開


エルドアン大統領がアメリカのトランプ大統領の発言に対して対抗する発言をしたのです。

 

内容としてはアメリカの鉄鋼・アルミニウムに対する追加関税を表明しました。

アメリカは更にトルコからの輸入品に追加関税をかけるとして対抗。

 

貿易戦争が巻き起こります。

 

これが大暴落の最終的な原因となった部分と言われています。

 

 

今からトルコリラに参戦するタイミングは?

 


15円で一旦下げ止まり、若干の反発が起こりました。

 

どのタイミングでロングにエントリーするか。

 

それは正直誰にもわかりません。

 

今回のことで学べることとしては、「もう十分下がったからこれ以上下がらない」は無いということです。

 

下がるときはどこまでも下がります。

 

そして最悪のパターンとしては通貨のデフォルトで、価値がなくなってしまうことまで考える必要があります。

 

 

ちなみに私は、15円で反発したことを確認したあとで17円でロングエントリーしました。

 

まさに先ほど否定したここまで下がったらもう下がらない精神です。

 

当たり前ですが、投資するならトルコに関するニュースには敏感になっておきましょう。

 

現在、ファンダメンタルズが値動きに大きく影響を与えている印象です。

 

アメリカとの貿易関税について・アメリカの牧師が解放されるのか否か。

 

その辺りに注目して投資していきましょう!

 

トルコリラ今から買うならトレイダーズ証券「みんなのFX」 ↓↓

トレイダーズ証券 みんなのFX

 

 

【2019/1追記】今後のトルコリラ見通し

トルコリラは現在でも高いスワップ金利で推移しています。

 

1日128円の金利も狙えるほどなので、これは狙うべきだと思っています。

 

今後もさらに暴落する可能性も考えられます。

 

しかし、相対的に考えるとやはり現在は下がりすぎのトレンドになっています。

 

これから徐々に上がっていくと考えるのが普通だと思います。

 

アメリカ株の暴落で利上げしない可能性

アメリカが利上げを継続する見通しだったことで、トルコリラは引き続き下落するのではないかと考えられていました。

 

しかし、2018年末に起きたアメリカ株価暴落で利上げが見送りとなる可能性が出てきました。

 

これは新興国通貨にとってはチャンスです。

 

つまりトルコリラに資金が集まってくるかもしれません。

 

ファンダメンタルズでもっと良いニュースが入ってくればさらにその期待は高まるでしょう。

 

 

-FXで稼ぐ, お金のコラム

Copyright© お金稼ぎ地獄 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.