https://kasoutuukanoblog.com

仮想通貨 投資初心者向け記事

ビットバンク(bitbank)取引所の特徴と登録方法【スマホで仮想通貨】

更新日:

今回紹介する取引所は

日本の仮想通貨取引所「ビットバンク(bitbank.cc)」です!!!

ビットバンクは日本国内の仮想通貨取引所です。

仮想通貨の「取引量が日本でナンバー1」「リップル(XRP)取引量が世界ナンバー1」ということで有名です。

 

 

  • ビットコイン以外のコインを買いたいけど買い方がわからないという方
  • スマホを中心に取引したい方!
  • トレードでテクニカル分析を使ってみたいという方
  • セキュリティー面でも安心して取引したい方

 

これに当てはまる方には特にオススメです!

 

とりあえず登録しちゃいたい!という方はこちらから手順を追っていけば登録できます↓↓

 

>>bitbank(ビットバンク )公式ホームページ<<

bitbankの登録(アカウント登録)の大まかな流れ

  1. bitbank(ビットバンク )公式ホームページからメールアドレス登録
  2. 届いたメール内のリンクをクリックし、登録を進める
  3. 再度パスワード入力、利用規約にチェックを入れて登録ボタン
  4. 氏名・住所等の基本情報の入力をして登録ボタン
  5. 本人確認書類(免許証など)表・裏を撮って画像をアップロード。
  6. 本人確認書類の確認完了メールが来る。※1日程度
  7. 簡易書留ハガキが自宅に届く。※3日程度
  8. ハガキに記載されたパスワードを「登録情報」→「暗証番号で有効化」で入力
  9. これで登録は完了です。銀行振込やコンビニでの入金を済ませるとすぐに購入可能です

 

ビットバンクにはスマホ専用アプリもあるので、パソコンを持っていない方やスマホだけで済ませたいという方に

特にbitbank(ビットバンク )がオススメの取引所となっています。

 

 

それでは特徴の解説へと戻りましょう。

 

ビットバンク(bitbank)の基本情報

まず最初にビットバンクを運営している会社についての知識をつけておきましょう。

 

 

会社概要はこちら↓

社名
ビットバンク株式会社
住所
〒141-0031 東京都品川区西五反田7丁目20-9 KDX西五反田ビル7F
設立
2014年5月
役員
代表取締役CEO 廣末紀之
取締役 加藤順彦
取締役 峰松浩樹
取締役 都木聡(株式会社セレス 代表取締役社長)
資本金
11億3100万円(資本準備金含む)
業務内容
仮想通貨関連事業
関東財務局長(仮想通貨交換業者)登録番号 第00004号

引用:bitbank.co

 

仮想通貨交換業者として正式に金融庁に登録されています。

 

bitbank(ビットバンク )で取り扱っている通貨は?

 

ビットバンク での取り扱い通貨一覧

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)
  • モナコイン(MONA)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

日本人として気になるコインとしてはやはりモナーコイン(MONA)とリップル(XRP)ですね。

モナーコイン(MONA)は特に買いたくても買える取引所がなかなか無いんですよ。

 

そして最近じわじわとファンを集めてきているライトコイン(LTC)

こちらも追加で取引を開始したので注目です。

 

関連記事

モナコイン(MONA)の特徴とおすすめポイント

【2019年最新】リップル(XRP)がおすすめな理由!特徴と買い方を徹底解説!おすすめ取引所も比較!

 

 

ビットバンク は取引所?販売所?

 

ビットバンク(bitbank)では取扱う全ての銘柄を取引所として売買できます!

これは実は国内の仮想通貨取引所としては珍しいいことなんです。

 

取引所として購入できるということは、販売所形式より単純に安く買えるということです。

わざわざ高くなる方法を使うより、ビットバンクを選ぶしかないですよね?

 

「なぜ取引所の方が安く買えるの?」

「取引所との違いは?」

 

「値段が安いってことは怪しい?」

 

などの不安と疑問があると思いますが、

別のページでまとめますのでわからない方は勉強しましょう!

 

関連記事:【2019年版】初心者が1から学ぶビットコイン解説【ブロックチェーンと仮想通貨】

 

とりあえず、間違いのないことはリップル(XRP)をお得に買うならビットバンク!!ということです。

 

 

セキュリティ評価が国内ナンバーワン!

ビットバンク(bitbank)のセキュリティに関する対応を確認していきましょう!

オフラインのコールドウォレット採用。
マルチシグでハッキング対策も万全。
高い技術力であなたの資産を守ります。

引用元:https://bitbank.cc/

 

  • 全通貨でコールドウォレット対応

マルチシグに関する適用状況一覧↓

 

引用:仮想通貨取引所ビットバンクのコールドウォレット・マルチシグ運用体制について

 

公式ホームページでもセキュリティ対応について、詳しく更新していますので安心できます。

 

とはいってもコールドウォレットとかマルチシグという聞きなれない言葉が出てくると何が良いのかよくわからないですよね。

 

そんな方は以下に簡単な解説を書いていきますので勉強していきましょう↓

  • コールドウォレットとはなにか

コールドウォレットはインターネットに繋いでいないウォレット(コインを保管する場所)のこと。

オフラインなので、ハッキングのリスクが少ない。インターネットに繋いだまま管理することを「ホットウォレット」という。

 

  • マルチシグとはなにか

秘密鍵(パスワード)が一つではなく複数に分かれている。

その複数のパスワードを組み合わせることでアクセスできるようになるシステムのこと。

 

つまりオフラインにしてパスワードも複雑に分けることによってハッキング被害から大切な資産を守っているのです。

 

※コインチェックのハッキング事件ではマルチシグ対応をしていなかったことが原因のひとつだと言われています。

 

アップルストア一位の実績!ビットバンクのトレードアプリ!

 

ビットバンク(bitbank)には見やすく使いやすいスマホアプリがあります。

 

仮想通貨は24時間いつでも価格が動いているので、外出先で大きく値段が動いたら大変です。

買うべきチャンス、売るべきタイミングを逃さないためにもスマホでいつでも取引できる手段を用意しておくべきです。

 

 

アプリを開くとこのようにすぐに仮想通貨全体の価格変動を確認することができます。

すっきりとしたデザインで初心者でも使いやすいです。

 

 

この画面は銘柄別の注文画面です。誰にでもわかりますよね?

変動率を一目で確認できることも良い点ですね。

 

 

これは価格チャート確認画面です。

取引所によっては、日足しか見れなかったりテクニカル指標がほとんど使えなかったりとトレードするにあたり不便だなと感じることが多いのですが、ビットバンクでは1分足から日足・週足まで自由自在に切り替え可能。

 

そしてテクニカル指標がほぼ全て組み合わせて利用できます。

テクニカル分析を自分なりにカスタマイズして使う方にとってはこれ以上のものはないでしょう。

 

コンビニ支払いなどでは、入金まで時間がかかってしまいますがビットバンクでは日本円入金がネットからリアルタイムで可能となっています。

24時間入金可能なのは便利ですね。

 

 

「仮想通貨を貸して増やす」でビットコインが5%増える!

ビットバンクには業界初の「仮想通貨を貸して増やす」サービスがあります。

ユーザーが持っている仮想通貨を最大年率5%で貸し出すことで、一年後に増えた分も合わせて受け取ることができるサービスです。1年待つだけで5%分ももらえちゃうのです。

 

数年はガチホで売る気はないという方は間違いなく利用すべきサービスですね!

 

特に面倒な手続きは不要で、ビットバンク(bitbank)ユーザーならすぐに利用可能です。

 

ちなみに2019年1月現在では、ビットコイン(BTC)のみが対応通貨です。順次その他のアルトコインも追加対応予定とのことです。

 

貸し出す際の注意事項もありますので、取引の前に必ず公式ホームページをご覧ください。

「仮想通貨を貸して増やす」公式ページはこちらから↓

bitbank(ビットバンク)なら仮想通貨を貸して増やせる!1年間最大年率5%!

 

 

 

2019/1月〜プレミアムテイカーキャンペーン実施中

 

 

 

 

 

キャンペーン概要:https://blog.bitbank.cc/cashback-campaign-and-new-fees-schedule/

 

 

 

 

 

 

 

※Taker(テイカー)とは、流動性を市場から取り除く(既存の板で約定させる)市場参加者のことをいいます。
※Maker(メイカー)とは、流動性を市場に供給する(板をつくる)市場参加者のことをいいます。

 

メイカーとテイカーなど聞きなれない言葉がありますが、単純にいうと注文板に流れている金額での注文をすると手数料が無料で報奨金までいただけるというシステムです。

 

なぜ報奨金までもらえるのか不思議かもしれませんが、取引所としては注文板の流動性が高くなることは取引所として非常に重要なことなのです。

 

お金を払ってでもたくさんのユーザーに売買しやすい環境を作っていきたいと考えているのです。

 

今だけのキャンペーンなのでぜひ利用してお得にキャッシュバックを受けましょう!

 

ビットバンク公式ツイッターはフォローしておこう

ビットバンク(bitbank)の公式ツイッターでは、メンテナンスに入る時間のアナウンスや技術的な変更なども随時情報を更新してくれています。

 

特にメンテナンス情報はトレーダーにとっても重要な情報です。フォローしておきましょう。

 

 

ビットバンク(bitbank)取引所まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

このページでは国内の取引所bitbank(ビットバンク)を紹介させていただきました。

 

私は現在、国内取引所はこのビットバンク(bitbank)とビットポイント(BitPoint)を主に使っています。

現物取引はビットバンク、レバレッジをかけたトレードをしたいときはビットポイント (BitPoint)を使います。

 

現物取引に使う取引にはセキュリティ対策に一番安心できるビットバンク(bitbank)

 

レバレッジをかけるFX取引になるとできるだけハイレバレッジで大きく利益を取ることを目指しているので、最大25倍までレバレッジ倍率をかけられるビットポイント(BitPoint)

 

他にもリスク分散のために海外の取引所も複数利用中です。

 

ビットバンク(bitbank)はリップル(XRP)・ライトコイン(LTC)・モナコイン(MONA)などアルトコインを現物所有で持っていてガチホ状態です。

 

ここで何を伝えたいかというと、仮想通貨投資をするなら複数の取引所を必ず使い分けよう!ということ。

 

「なんか色々手を出したらわからなくなりそう・・」

 

そんなのは甘えです!!

 

仮想通貨はまだまだ始まったばかり、取引所によってどんなトラブルが起こるかは予測不能です。

そのためのリスク分散が一番の理由。

 

そして二つ目の理由が手数料の節約です。

 

絶対にお金を増やしたいなら、取引のスタイル・買いたい銘柄によって手数料を無駄に払わない。

買いたいコインがあるのに、取引所を開設してないからまだ買えない・・。

そうやってチャンスを逃していって、無駄な手数料を払う。。

 

そんな風に見えない敵に、吸い取られるような投資ならやめましょう。

必ず自分の資産を増やして自分の未来も仮想通貨の未来も楽しいものにする。

ここまで読んでくれたあなたにはそんな未来であってほしいと願っています。

 

bitbank(ビットバンク)、個人的には一番好きでオススメな取引所なので一緒に盛り上げていきましょう!

ビットバンク登録はこちらから 」

 

 

-仮想通貨, 投資初心者向け記事

Copyright© お金稼ぎ地獄 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.