仮想通貨

ブロックチェーンを初心者でも絶対わかるように解説【ビジネスシーンで活用できる】

更新日:

ブロックチェーンという言葉は、近年は毎日のようにビジネスニュースで見かけるようになってきました。

ブロックチェーン=仮想通貨というイメージはあるけど、なぜビジネスなの?と思うかもしれません。どこの情報を見てもよくわからないという方はこの記事で理解できるように初心者向けに解説していきます!

 

ブロックチェーンとはどんな仕組みか

まずはざっくりとブロックチェーンとは何かをまとめます。

・手数料の低コスト化

・二重支払いなどの取引ミスの防止

・第三者機関が不要な取引が可能になる(非中央集権)

という項目で語られることが多いです。

おそらくこれだけで理解できる方はこのページにはきていないと思いますので、ここから噛み砕いて解説していきます。

 

ブロックチェーンは非中央集権型のシステム

非中央集権とは何かということを解説していきます。

まず中央集権ということから理解していきましょう。

中央集権とは、今の法定通貨が代表されます。中央の日本銀行が通貨の発行や管理を行なっているような仕組みです。電子マネーも同じく発行元が管理していますよ。

そういった1つの母体に管理を任せて利用するシステムの総称です。

 

非中央集権には管理者いないのになぜ成立するのか

ブロックチェーンは管理をどのようにしているのかという疑問に答えていきます。

ブロックチェーンはまず、発行できる枚数が元から決まっています。上限があるので発行管理は必要ありません。

では取引の管理ですが、これはネットワーク上で世界中のみんなで管理しています。

取引が行われるとマイニングというシステムを動かしているPCが早いもの勝ちで取引を承認していきます。

その承認された取引がブロックになり、鎖状に繋がっていくためブロックチェーンと呼ばれます。

 

ブロックチェーンを民間企業がビジネスでどう使うのか?

ブロックチェーンが民間企業のビジネスでどう活用していくのか。それを具体的に考えていきます。

ブロックチェーンは決済や契約の取引をスムーズに記録する仕組みです。

ビジネスにおいて重要な仕事とされる契約履行、決済をブロックチェーンで自動化することができます。

 

事務処理の効率化によるコスト削減が可能

今まで人件費をかけて手続きをしていた契約や決済がブロックチェーンによって自動化として置き換えることによって大幅にコスト削減をすることができます。

一般事務職や士業と呼ばれる仕事が無くなる日がブロックチェーンによって無くなるかもしれません。

 

二重請求や取引の不正ができない仕組みがブロックチェーン

ブロックチェーンがなぜそんなに重要な仕事を自動化できるのかというと、その取引の承認を世界中のネットワークを通じて管理していくので透明性のある取引管理が可能となるのです。

取引データを遡ってトレーサビリティーとして利用可能です。データ改ざんが不可能だと言われています。

 

ビジネスとしてブロックチェーンの課題は実用化のデータ不足のみ

今後のビジネスシーンで実用化されるための課題としては、さまざまなビジネスシーンでの実用化によるデータの蓄積のみです。

実際の運用によりノウハウを蓄積させ、セキュリティの対策を強化していくことが必須の課題だと考えられています。

 

ブロックチェーンをビジネスで使うための企業の取り組み


中国のアリババがブロックチェーンを使ったビジネス展開を開始したことで、大きく話題になりました。

 


大手広告代理店の博報堂もブロックチェーン技術を活用するためのコミュニティを発足したようです。

出遅れることがないように大手企業も続々とプロジェクトを立ち上げていますね。

 

ブロックチェーンを使った仮想通貨とビットコインについての解説は別の記事で解説しているので参考にしてみてください

参考記事:初心者が1から学ぶビットコイン解説

-仮想通貨

Copyright© お金稼ぎ地獄 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.