Webライター

クラウドソーシングサイトが危険な理由!やばい案件の見分け方を徹底解説!

クラウドソーシングサイトは危険?

副業解禁や残業の減少によりクラウドソーシングサイト「ランサーズ(Lancers)」など各サイトの利用者は増えています。

 

それと同時にクラウドソーシングは「危険 やばい 稼げない」などのワードが溢れています。

 

この記事では、クラウドソーシングサイトがなぜ危険だといわれるのか を解説していきます。

 

クラウドソーシングサイトが危険な理由

クラウドソーシングサイトは危険?

ここからは、クラウドソーシングサイトが危険な理由を考えていきましょう。

危険な理由1:労働力を搾取される

クラウドソーシングサイトの中でも特に人気な仕事内容がWebライターです。

未経験の初心者でも文章を作成することで、すぐに稼げることが人気の理由です。

 

しかし、人気だからこそ危険だといえます。

 

また、本当に未経験の初心者がWebライターになってもすぐに稼ぐのは難しいとわかっています。

自宅で誰でもWebライターを始められるため、単価が低くなりやすいのです。

 

超低単価で労働させられて、ブラック労働で搾取されることが危険な理由となっています。

 

Webライターの仕事は、文字単価が1文字1円の場合、1,000文字で1,000円の報酬として計算されます。

 

労働力を搾取されるライターは、文字単価0.5円以下になる可能性が高いため危険です。

もし、文字単価0.3円だと、1万文字書いてやっと報酬3,000円です。

 

執筆速度が遅い初心者は、時給数百円、数十円になる危険性もあります。

 

稼ぐためには、低単価案件でスキルを積み重ね、高単価を目指すほかにありません。

半年間は修行が必要だと考えておきましょう。

 

危険な理由2:危険なネットワークビジネス勧誘

ネットワークビジネスやマルチ商法の勧誘をクラウドソーシングサイトで行っている危険なクライアントも横行しています。

 

ネットワークビジネスへの勧誘は、案件契約前にLINEなどの外部SNS等に誘導されてから行われます。

 

外部サイトやLINEへ誘導するクライアントは危険でしょう。

 

危険な理由3:知らないうちに著作権を侵害している

クラウドワークスでは、仕事を受注しなければ詳しい依頼内容が見えません。

 

そのため、クラウドワークスで募集される仕事の中には、著作権侵害について理解せずに発注するクライアントや受注するライターがいます。

 

Webライターの募集で他人のサイトから画像の無断転載を依頼したり、文章のコピペを依頼するなどの著作権侵害です。

 

そのため、事前に悪質なクライアントを見分けることは難しくなっています。

契約後に著作権侵害を推奨する仕事の依頼をされた場合でも、決して受け入れてはいけません。

できない仕事は正当な理由を述べてキッパリと断りましょう。その勇気のいる判断が長期的なスキルアップにつながります。

 

危険なクラウドソーシングの具体例

ライティング業務を担当している場合、記事の納品後に何日も連絡がつかない状態は危険な状態だといえるでしょう。

 

その際、注意する点は「仮払いの有無」です。

 

クラウドソーシングサイトは、実際の業務をスタートする前に支払う依頼資金を保留しておく仮払い機能があります。

 

この仮払いがされているのかいないのかを必ず確認してから仕事をスタートすることを心がけましょう。

 

加えて、クラウドソーシングサイトによっては、発注者のプロフィール画面に「最ログイン記録」や「メッセージの既読確認」が表示されます。

これにより、発注者がクラウドソーシングサイトを利用しているかを確認でき、素早く事態に対処できるでしょう。

 

特に、何度もメッセージを送っていて、既読になっているのに返信がない場合は危険です。

すぐにクラウドソーシングサイトの運営に問い合わせて対処してもらいましょう。

素早い対処が危険を回避します。

 

危険なクライアントの見抜き方

クラウドソーシングサイトで、危険で悪質なクライアントの見抜き方を解説します。

紹介する3つの見抜き方は最低限、理解しておきましょう。

 

見抜き方②:過去の評価を見る

続いて、クライアントの過去に受けた評価を確認しましょう。

クラウドワークスには、仕事の終了後に受注者からの評価とコメントを残す機能がついています。

過去に発注した仕事が高評価でスムーズに終わっているのか。また、社会人として常識のある仕事ができているのかを確認できます。

もし、過去の評価が低かったり悪いレビューがついている場合は、契約を見送った方が良いかもしれません。

 

本人認証を終わらせている

クラウドワークスの各種認証が完了しているかを見極める方法です。

各種認証とは、電話番号確認や本人確認書類の提出有無などの認証を表しています。

クライアントのプロフィールを見るだけですぐに認証状況が確認可能です。

 

この各種認証が完了していない場合、過去に悪質クライアントとしてアカウントを停止されたクライアントもメールアドレスのみで簡単に複数アカウントを作成できます。

そのため、各種認証が完了しているだけで信頼度が高くなると理解しておきましょう。

 

仮払い前の納品要求

仮払い前に作業や納品を求めてくるクライアントは、100%悪質だと見抜くことが可能です。

クラウドソーシングサイトでは仮払い前の作業開始や納品は禁止です。

 

仮払いとは、契約した段階でクライアントからクレジットカードの与信枠を確保しておく機能であり、仮払いによって、納品後にクライアントからお金が支払われないリスクやトラブルを防止できます。

 

契約後、いつまでも仮払いされない場合は、「仮払い完了後に作業を開始します」と伝えるだけでもトラブルを防げるでしょう。

 

クラウドソーシングサイトで安全に働く方法

クラウドソーシングサイトで、危険を防ぎながら安全に働く方法を紹介します。

長期的な依頼を受注する

クラウドソーシングサイトには、仕事が豊富に募集されています。

初心者のうちは単発で仕事を受注することが多くなりますが、長期的な依頼してくれるをクライアントを見つけた方が安定した収入を目指せます。

 

仕事の打ち合わせにかかる時間や手間を削減できるメリットもあります。

 

打ち合わせにかけている時間を使って仕事を進めることで、稼ぎやすくなるでしょう。

 

専門分野をアピールする

クラウドソーシングサイトで、自身を持ってアピールできる専門分野を作りましょう。

 

プロフィールに専門分野を書き出したり、専門知識や実績を伝えたりすることで、仕事につなげられるでしょう。

 

今すぐに稼ぎたいならポイ活のほうがラクかもしれません

クラウドソーシングサイトは、未経験者や初心者の場合、勉強してスキルをつける時間や実績を作るまでの期間が必要となります。

 

そのため、短い時間で稼ぐ方法としては効率が悪いと言えるでしょう。

 

もし、いますぐに稼ぐことが目的なら、ボイ活(ポイント活動)の方が効率よく短期的に稼げるかもしれません。

 

そして、特にスキルは必要ないため、パソコンかスマホがあればすぐに稼げます。

 

貯めやすいお小遣いサイト厳選まとめ

 

詳しく知りたい方は以下の調査記事を参考にしてみてください。

 

まとめ:クラウドソーシングサイトがやばいと言われる理由

クラウドソーシングサイトが、インターネット上で「やばい」「稼げない」と言われている理由と、悪質なクライアントの見抜き方を紹介しました。

 

クラウドソーシングサイトでは、初心者がすぐに稼ぐことは難しいです。

しかし、根気強く続けると結果を出せます。

 

もし、まだクラウドソーシングサイトに登録をしていない方は、いますぐに登録して新しい挑戦をしてみてください!

 

クラウドソーシングサイトは日本最大手「ランサーズ(Lancers)」からはじめてみることをオススメします。

 

ランサーズ 初心者向け 副業
ランサーズなら初心者でも仕事を取れる!登録方法と使い方を徹底解説!【副業クラウドソーシング】

クラウドソーシングサイト「ランサーズ(Lancers)」をご存知でしょうか。 登録すれば誰でも初心者からフリーランスまでネット上で仕事を受注でき、報酬をもらうことができるサイトのことです。 近年の副業 ...

続きを見る

 

  • この記事を書いた人

マネーリテラシー編集部

お金の知識を発信する「マネーリテラシー」編集部です。 当メディアに投稿される記事内容や体験談は、各ライターが執筆した記事をプロの編集者による校正と事実確認の上で公開されています。 オープンで言いにくい情報や最新情報はメルマガで発行しています。下記から無料登録で、素早く効率的にお得情報をキャッチ!

よく読まれている記事はこちら↓

プレママ Amazon定期便 1

Amazon定期おトク便を利用されたことはありますか? 好きな商品を割引価格かつ送料無料で、自宅まで配送してくれるサービスです。 今回は、Amazon定期おトク便のメリットと利用方法、プレママにおすす ...

コツコツお小遣い稼ぎ 2

「コツコツお小遣い稼ぎできる良い方法ないかな?」 「コツコツお小遣い稼ぎをしている人はいくら稼いでいるの?」 このような悩みや疑問を持っていませんか? そのような方に向けて、この記事では、コツコツお小 ...

Webデザインスクールは無駄? 3

Webデザインスクールを受講するか検討している時に、「Webデザインスクールに通うのは無駄なの?」「お金や時間を無駄にしたくない…」と不安になっていませんか? ネット上では「Webデザインスクールは無 ...

-Webライター
-,