仮想通貨

仮想通貨トレードの基本とレバレッジ取引の仕組み【用語解説】

仮想通貨トレード 用語解説

こちらのページでは、仮想通貨トレードの基本的な用語解説とレバレッジ取引の仕組みを初心者にもわかりやすく紹介します。

 

  • 仮想通貨トレードで今の生活を変えたい
  • トレーダーになって仕事を辞めたい
  • 正直やり方もわからない
  • レバレッジってなに?

 

このページを開いたあなたは仮想通貨FX・レバレッジトレードで自分の生活を変えたいと思っている方だと思います。

しかも心の準備編というすぐに役立ちそうも無いページを開いているということはとても真面目な方なのでしょう。

そんな律儀な方の時間を無駄にはしないよう、FXトレードを行う上で必要な心得を書いていきますね。

 

仮想通貨トレーダーという職業の評判とイメージ

仮想通貨トレード 用語解説

仮想通貨トレーダーと聞くと、何億も稼いで大富豪になって自由な生活を送っている人。

という印象をお持ちの方も多いでしょう。

 

一方で、仮想通貨トレードにより、多額の借金を背負ってしまった人々がいることを知っている方もいるかと思います。

 

このような両極端なイメージにより、仮想通貨トレーダーは「借金を背負うか大金持ちになるかのギャンブル」という一般人とはかけ離れた世界に感じてしまいますよね。

 

でも、違うんです。

実は、コツコツと確実に稼ぐ仕事が仮想通貨トレーダーという仕事です。

 

一時的に大きな金額を手に入れた人がいることは事実ですが、着実に勝ち続けている仮想通貨トレーダーは、ほぼ全員「コツコツ型」です。

 

現実:誰でも仮想通貨トレーダーになれる

難しそうに感じる仮想通貨トレーダーの世界ですが、実は成人ならいますぐにでもなることが可能です。

仮想通貨トレードをするために必要なことは、仮想通貨取引所で口座開設を行うことのみです。

しかも、まとまった資金を必要とする株式投資や不動産投資と異なり、仮想通貨は1万円以内からでもはじめられることが特徴です。

 

まずは1万円以内で仮想通貨トレーダーになろう

 

仮想通貨トレーダーや投資は、敷居が高いとか大きなお金が無いとできないと思われがちですが、特に仮想通貨の売買に関しては少額でスタートできることが魅力です。(仮想通貨は大学生トレーダーも多いです)

 

少額からでいいので、実際に売買しながら金融市場の世界を理解することは大事だと筆者は考えています。

 

そのため、投資初心者に私がオススメするスタートは1万円からの投資スタートです。

 

初心者に優しいオススメ仮想通貨取引所は「コインチェック(Coincheck)」です。

 

使いやすく、利用者も多いため安心して利用できます。

まずは「コインチェック(Coincheck)」から初めてみると間違いないでしょう。

 

仮想通貨トレーダー用語解説1:レバレッジ取引とは

仮想通貨トレーダーによく使用される用語「レバレッジ取引」とはなにかを解説します。

 

レバレッジ取引とは、レバレッジをかけて手持ち資金よりも大きな金額をトレードできる証拠金取引のことです。

 

証拠金と呼ばれるお金を取引所に預け、その金額を担保に取引をしていく方法です。

 

このレバレッジと呼ばれる方法を利用することで、手元にある金額よりも多い金額で取引できることがメリットです。

 

例えば、1万円を証拠金として預け、レバレッジを10倍に設定すると10万円分の仮想通貨を買ったり売ったりすることができるようになります。

 

10倍で取引をしているため、利益の倍率も10倍です。

一方で、損失額も10倍のペースで増えていきます。

 

しかしそれでは、一度の失敗で元手資金以上に大きな借金を背負う可能性がありますよね。

 

そこで考えられたシステムが、追証ロスカットという2つのシステムです。

 

仮想通貨トレーダー用語解説2:追証(おいしょう)とは

  • 追証(追加証拠金)

追証とは、言葉の通り証拠金を追加することを意味する言葉です。

 

トレードで、予想とは違う方向に動いた場合、損失が増えていきます。

その証拠金が80%を切った場面で、通知されるのが追証(おいしょう)です。(取引所により%が変わるので要確認)

 

指定された期日までに証拠金を追加入金しなければ、強制的に決済しますよ」という意味です。

 

追証をしなければ、強制的に決済され、損失が確定してしまいます。

一方で、追証として追加で証拠金を入金すると、強制決済を防ぐことが可能です。

 

仮想通貨トレーダー用語解説3:ロスカットとは

  • ロスカット(強制決済)

ロスカット(強制決済)とは、損失が証拠金の一定ラインを超えた場合に取引所が強制的に保湯ポジション(建玉)の決済を行う仕組みです。

 

このロスカットシステムにより、預けている証拠金を下回って、仮想通貨トレーダーが借金を抱えるリスクを減らせます。

 

ロスカットが行われる一定のラインは取引所により異なるため注意が必要です。

 

 

また、仮想通貨の急激な値動きによりロスカットラインでの決済に間に合わず、損失額が膨らんでから決済されることや、システムの不具合などで何故がロスカットが発動されない。

 

という事例が多くあります。(経験上、ピタリと決まったラインで決済されることの方が少ない)

大きな損失を防ぐためには、レバレッジ倍率を上げすぎないというのが取引の基本です。

 

まとめ:仮想通貨トレードの基本とレバレッジ取引の仕組み

仮想通貨トレードでよく勘違いされる内容と基礎用語解説、レバレッジ取引の仕組みを紹介しました。

 

仮想通貨は、1万円以下の少ない資金からでもトレードを始められる投資です。

株式投資などの大きな資金が必要な投資が難しかった方や、仮想通貨トレードをどうやって始めたらいいのかわからなかった方はぜひ、やってみてから決めることをおすすめします。

 

初心者に優しいオススメ仮想通貨取引所は「コインチェック(Coincheck)」です。

 

当ブログでは、仮想通貨トレードはもちろん、お金を稼ぐための知識や勉強コンテンツをまとめています。

必ず役に立つ情報がありますので、ぜひお金の勉強をしていってください。

 

よく読まれている記事はこちら↓

プレママ Amazon定期便 1

Amazon定期おトク便を利用されたことはありますか? 好きな商品を割引価格かつ送料無料で、自宅まで配送してくれるサービスです。 今回は、Amazon定期おトク便のメリットと利用方法、プレママにおすす ...

コツコツお小遣い稼ぎ 2

「コツコツお小遣い稼ぎできる良い方法ないかな?」 「コツコツお小遣い稼ぎをしている人はいくら稼いでいるの?」 このような悩みや疑問を持っていませんか? そのような方に向けて、この記事では、コツコツお小 ...

Webデザインスクールは無駄? 3

Webデザインスクールを受講するか検討している時に、「Webデザインスクールに通うのは無駄なの?」「お金や時間を無駄にしたくない…」と不安になっていませんか? ネット上では「Webデザインスクールは無 ...

-仮想通貨
-,