副業

コンテンツ販売の副業がおすすめの理由!自分の持つ情報を形にするだけ

コンテンツ販売 副業

「コンテンツ販売」と聞くと、どんなイメージを持っていますか?

「コンテンツ」という言葉がこの数年よく使われるようになってきました。実際のところわかりそうでわからない。そんな方もまだまだ多くみられます。

コンテンツとは、一言でいうと『情報の中身』を意味します。つまり、コンテンツ販売とは自分の持つ情報を形にすることです。びっくりするぐらいシンプルな副業です。

実際にコンテンツを販売している私(筆者)が、コンテンツ販売の副業がおすすめの理由を解説します。

コンテンツ販売が副業に最適な3つのワケ

コンテンツ販売が副業に最適な理由を解説します。

じつはたくさんあるのですが、実際に販売しているわたしが特に魅力に感じている理由を3点に絞りました。

それでは順にご紹介しましょう。

自分の持つ情報を活用できる

コンテンツ販売は『情報』を売ることですから、自分の持つ情報を最大限に活かせる点が最大の利点です。

自分の好きなことや得意なこと、スキルや経験、資格など、ありとあらゆることをコンテンツにできます。

さらに、失敗や乗り越えた辛い経験なども活用できるので、自分自身を丸ごと全部活かせるということ。言い換えれば、自分の人生そのものを商品化するわけですから、副業としてこんなに身近でコスパの良いものはありません。

自分のペースでできる

コンテンツは、自分のペースで作れます。

誰に何を言われることもなく、自分が作りたいと思ったタイミングでOK。気の向いたときや空き時間にサクッと作り進められるので、コンテンツ販売は忙しい人にも好都合な副業です。

匿名で販売できる

また、コンテンツは匿名でも販売できます。実名でももちろんOKなのですが、副業となれば周囲に知られたくないケースもあるため匿名で販売できるのは選択肢の幅が広がります。

また、実名だと言いづらいことでも匿名で販売すれば、より自分の情報を伝えやすくなります。

実名でも匿名でも販売できる。コンテンツ販売が副業に向いている大きな理由のひとつです。

副業でコンテンツ販売を始めるメリット

副業だからこそ、メリットがないと続きません。

なぜなら、「あまりに辛い」「こんなはずじゃなかった」などの理由でやめてしまっては意味がないからです。

コンテンツ販売を副業で始めるメリットは主に以下の3つがあります。

  • 好きな時間に好きな場所で
  • 元手がいらない
  • 長期的な収入が見込める

それぞれのメリットを詳しく解説していきます。

1.好きな時間に好きな場所で

副業は、本業のように時間の制約があったり場所が限定されるとまず続きません。

ただでさえ今の仕事だけで大変な日々なのに、さらに時間も場所も決められているのはハードすぎるからです。

その点、コンテンツ販売であればパソコン、あるいはスマホさえあればいつでもできるので好きな時間に好きな場所で副業できます。

そのため、通勤時間はもちろん、ちょっとした移動時間や寝る前の時間などいつでもどこでも始められます。

2.元手がいらない

コンテンツ販売は自分の持つ情報を形にするので、元手とする費用がほとんどかかりません。

副業を始める前に、費用がかかってしまうのは経済的にも、精神的にも大きな負担となります。そのため、元手がいらないのは大きなメリットです。

3.長期的な収入が見込める

コンテンツは一度作ると『無形商品』という資産となります。

そして、『無形商品』はどれだけ売ってもなくなることはありません。

1人でも、100人でも、1,000人であっても制限なく販売できます。

また、期間の定めもなく販売が続けられるので、副業であっても長期的な収入が見込めます。

自分の持つ情報を形にするためのコンテンツ作成方法

自分の持つ情報をコンテンツにする方法は主に3通りあります。

文章と動画、そして音声の3つです。

それぞれの特徴を踏まえ、作りやすい方法を自分で選べます。

また、複数の方法で販売することも検討してみてください。ライフスタイルに合わせて学び進められるので顧客にとっては満足度が高まるからです。

1.最も手軽に作れる文章コンテンツ

最も手軽に作れるのが文章コンテンツです。テキストと言ったり、PDFと言ったりします。普段の仕事でも使っている人も多いでしょう。

初めてコンテンツを作る場合は、文章コンテンツからがオススメです。

WordやGoogleドキュメントで文章を作ったら、PDFに変換するだけで文章コンテンツの完成です。

文章コンテンツ、特にマニュアルは図式を解説するのに適しています。

2.価値提供しやすい動画コンテンツ

「目で見て&耳で聞いて」が同時にできる動画は、価値が高い提供方法です。

動画は、まずパワーポイントなどのプレゼンソフトでスライド資料を作り、それを解説するのが一般的です。

そのため、文章コンテンツに比べてやや工程がある分、高価格に設定できます。

わたしの場合、動画収録で使用したスライド資料も提供しました。動画を再生しなくても学べるので顧客にとても好評でした。

3.「○○しながら」ができる音声コンテンツ

「家事をしながら」、「通勤途中に」あるいは「歩きながら」など、『ながら聴き』ができるのが音声コンテンツの最大のメリットです。

作る側としても、音声アプリに録音するだけでできるので簡単です。

また、動画で収録した声を抽出して、音声コンテンツにする方法もあります。

副業に最適|コンテンツ販売の進め方はシンプルな3ステップ

最後に、コンテンツ販売をどのように進めるかについて解説します。

なんとなくコンテンツを販売するというと難しい印象を受けるのですが、たったの3ステップだけです。

え?それだけでいいの?と感じてしまうほどにシンプルです。

  • ステップ1 コンテンツを作る
  • ステップ2 コンテンツを販売する
  • ステップ3 お客さんを集める

3ステップを順番通り進めるだけで、誰でもコンテンツ販売の副業がスムーズに始められます。

ステップ1 コンテンツを作る

自分の持つ情報をもとに、作りたいジャンルやテーマを決めます。

コンテンツの役割は、「人の悩みを解決する」または「人の願いを達成する」この2つです。

方向性としてもこの2つしかありません。人としての悩みは普遍的ですし、人の願いはいつの時代も存在します。

そのため人が存在する限り、コンテンツはいつの時代も求められるものです。

自分の持つ情報の中から、人の悩みを解決するもの、あるいは人の願いを叶えるものを探り出します。

すぐにわからない場合は、自分への棚卸しをして自分の中から探り当てる作業からスタートしましょう。

自分には何もないと思っても、人は何かしらニーズのある情報を持っているものです。

自分の持つ情報を探り当てる作業は、コンテンツの方向性を決める重要なもの。

そのため、集中できる時間を作り、自分と向き合うことを忘れないでください。

何を作るか決めたら、文章、動画、音声という3つの中から好きな方法でコンテンツにしましょう。

単独でもいいですし、文章と動画、あるいは動画と音声など複数の提供をセットにして販売することもできます。

その分、高価格に設定できますし、お客さんも好きな方法を選べるので満足度が高まります。

ステップ2 コンテンツの販売先を決める

作り終えたら、コンテンツの販売先を検討します。

コンテンツを取り扱うプラットフォームで販売する方法と、自分のホームページを作って販売するという2つの方法があります。

また、販売先は一つだけに限らず複数で販売することもできるので、その分副業として収入アップが期待できます。

ステップ3 お客さんを集める

最後に、自分のコンテンツを求めているお客さんを自分の販売先に集め、購入してもらいます。

とはいっても、実際にお客さんを呼び寄せるわけではなく、自分のコンテンツの販売先にアクセスしてもらうだけです。

プラットフォームでの販売は、プラットフォーム自体が集客の役割を果たしていますし、出品方法も簡単なので初めての販売に適しています。

また、1人でも多くのお客さんにアクセスしてもらい、自分の販売しているコンテンツを買ってもらうためにも、同じようなコンテンツがどのようなプラットフォームで売られているかを参考にすると良いでしょう。

まとめ:自分の持つ情報だけで副業できるのがコンテンツ販売

コンテンツ販売は自分の持つ情報だけで副業できるのでオススメです。

始めるリスクも何もありませんから、やり方さえわかれば今すぐに始められます。

しかも、シンプルな3ステップ。そのため初めてでもスムーズに進めることができます。

さっそく自分の持つ情報を整理して、コンテンツを作って副業を始めてみませんか。

ライター:ちくわ

よく読まれている記事はこちら↓

プレママ Amazon定期便 1

Amazon定期おトク便を利用されたことはありますか? 好きな商品を割引価格かつ送料無料で、自宅まで配送してくれるサービスです。 今回は、Amazon定期おトク便のメリットと利用方法、プレママにおすす ...

コツコツお小遣い稼ぎ 2

「コツコツお小遣い稼ぎできる良い方法ないかな?」 「コツコツお小遣い稼ぎをしている人はいくら稼いでいるの?」 このような悩みや疑問を持っていませんか? そのような方に向けて、この記事では、コツコツお小 ...

Webデザインスクールは無駄? 3

Webデザインスクールを受講するか検討している時に、「Webデザインスクールに通うのは無駄なの?」「お金や時間を無駄にしたくない…」と不安になっていませんか? ネット上では「Webデザインスクールは無 ...

-副業
-, ,