Webデザイン

副業でグラフィックデザイナーになるには?未経験から必要なスキルや方法を解説

グラフィックデザイナー副業

お客様から注目されるサービスを作り上げるための一端を担うグラフィックデザイナーは、デザイン関連の仕事でとても魅力的です。

このグラフィックデザイナーの仕事は今後も需要が高いため、未経験からでも副業としてやっていきたいと考えている方もいることでしょう。

しかし、どのように仕事として成り立たせていけばいいのかわからない方も少なくはないと思います。

そこで、本記事ではグラフィックデザイナーに必要なスキルから仕事を獲得するまでを解説していきたいと思います。

少しでも参考にしていただき、新しい働き方を見出すきっかけとなれば幸いです。

グラフィックデザイナーの副業とは?

そもそもグラフィックデザイナーとは、どういった仕事をするのでしょうか。

一言でデザイナーといっても様々な種類がある中で、グラフィックデザイナーとは新聞や雑誌の広告、商品パッケージや看板、その他チラシや名刺といった印刷物をデザインする仕事を行う人のことを言います。

このような仕事は商品の宣伝や販売促進を目的として依頼されることが大半で、お客様の要望を形にしつつ、宣伝したいターゲット層に響くデザインを作り上げていく非常にやりがいのある仕事です。

グラフィックデザイナーの副業に必要なスキル

続いて、グラフィックデザイナーに必要なスキルとはどのようなものがあるのでしょうか。以下の3つをしっかりと磨いて、力をつけていきましょう。

・デザインスキル

当たり前のことですが、グラフィックデザイナーにまず求められるスキルがデザインスキルです。

目を惹くデザインや親近感のわくデザインを生み出していかなければなりません。

そして、レイアウトや色使い、フォントの選定などのセンスが必要となります。

ここで気をつけないといけないのが、デザイナーはあくまでも情報を整理し形にすることが大切なのでアーティストのように自己表現をすることと混同しないようにしましょう。

・ソフトウェアスキル

そして、上記で説明したデザインを形にするのに必要なソフトウェアが基本的にはAdobe社が提供している「Illustrator」や「Photoshop」です。

これらを駆使してデザインを生み出していくわけですから必須項目です。

・コミュニケーションスキル

3つ目は、大切なのに意外と軽視されがちなのがこのコミュニケーションスキルですね。

デザインと何の関係があるのと疑問を持つ方もいるとは思いますが、前述したようにグラフィックデザイナーは自己表現をする仕事ではありません。

当然デザインの提案をしますが、その前段階でしっかりとお客様の要望を汲み取り情報を整理していかなければなりません。

その上でターゲット層に対して的確なアプローチができるデザインを生み出していくのです。大切な情報を汲み取っていくためにコミュニケーションスキルは非常に大切だと言えるでしょう。

未経験から副業グラフィックデザイナーになる方法

ここからは、実際にどのように勉強しグラフィックデザイナーになるのかを見ていきましょう。

・スクールで勉強する

まずは、グラフィックデザイナーを目指す人向けのスクールで勉強するということがあげられます。

基礎からしっかりと学ぶことができ、上記で説明したスキルを総合的に学べます。約半年から1年程度の課程が主なスケジュールとなります。

参考記事:Webデザインスクールは無駄なのか?【結論:無駄ではない】

・独学で勉強する

次に独学で勉強する方法です。

今ではソフトウェアもサブスクリプションで手に入れることができますし、本も数多く売られています。

さらにYouTubeなどでも多々解説されていますので、勉強できる環境は整っています。

そして、自分自身が制作したいジャンルを見つけて実際に制作しながら学んでいくと成長が早いですよ。

参考記事:Webデザインの勉強は独学でもできるのか?勉強方法や注意点を徹底解説!

グラフィックデザイナーの副業で稼ぐには実績が大切

これまで解説してきたことを生かして実際に副業として稼いでいくには、何と言っても実績が大切なのです。

まずは知り合いからでも、クラウドソーシングサイトからでもとにかく仕事を受けて実績を作ることです。

それが難しかったら、自分自身の名刺や屋号のロゴなど身の回りのものから自分で作ってみることから始めてみましょう。

そして、出来上がった制作物が営業ツールとなるのです。

副業グラフィックデザイナーが仕事を受ける方法

それでは、最後にどのようにして仕事を獲得していくのか解説していきます。

副業としての主な獲得方法は以下の2つです。

・クラウドソーシングでの受注

まずは、クラウドワークスやランサーズといったクラウドソーシングサイトで応募して仕事を獲得していきます。

最初は、どんなに安価な案件でも積極的に受けていくことをオススメします。前述したとおり最初は実績が大切です。

お客様はその実績を見て依頼をしようか決めるわけですから。また、コンペ案件にも積極的に応募してみましょう。

例え採用されなくても、お客様からの情報を整理し形づくっていく最良の実務経験になりますよ。

・知り合いからの直接受注

次に、知り合いなどからの直接受注です。

そこでいい仕事をすることで紹介などで次につながっていきますし、デザイナーの仕事というのは一度築いた信頼は簡単には揺らぎません。

しっかりとお客様と向き合うことで継続的にお仕事をさせていただけるようになります。

まとめ:グラフィックデザイナーのスキルを学んで副業に挑戦しよう!

未経験からグラフィックデザイナーとして副業を行うことは簡単ではありませんが、非常に魅力的な仕事です。

そして、一度習得したスキルは一生ものですから最初は苦労するかもしれませんが、自分の将来のために挑戦することはとても良いことですよね。

慣れてくれば1案件で数万円稼ぐこともできるので、副業としてもはじめやすい仕事です。

本記事が少しでも参考になれば幸いです。最後までお読みいただきありがとうございました。

よく読まれている記事はこちら↓

プレママ Amazon定期便 1

Amazon定期おトク便を利用されたことはありますか? 好きな商品を割引価格かつ送料無料で、自宅まで配送してくれるサービスです。 今回は、Amazon定期おトク便のメリットと利用方法、プレママにおすす ...

コツコツお小遣い稼ぎ 2

「コツコツお小遣い稼ぎできる良い方法ないかな?」 「コツコツお小遣い稼ぎをしている人はいくら稼いでいるの?」 このような悩みや疑問を持っていませんか? そのような方に向けて、この記事では、コツコツお小 ...

Webデザインスクールは無駄? 3

Webデザインスクールを受講するか検討している時に、「Webデザインスクールに通うのは無駄なの?」「お金や時間を無駄にしたくない…」と不安になっていませんか? ネット上では「Webデザインスクールは無 ...

-Webデザイン
-, ,