仮想通貨

仮想通貨が悲壮感で溢れかえっていることについて【歓喜で売って悲壮感で買う】

更新日:

 


仮想通貨、下がってますね!

アルトコインも軒並み下がっています。

今まで何度も暴落を繰り返していた仮想通貨ですが、ここまでの悲壮感は初めての感覚があります。

 

何故こんなにも悲壮感に溢れているのか考えてみました。

 

そして「歓喜で売って、悲壮感で買う」で有名な悲壮は今なのでしょうか。

 

 

なぜこんなにも悲壮感があるのか?

何故なのか。

それは暴落のあとにジリジリと値を戻していき、ストンとまた暴落する。

その繰り返しだからというのが1つの原因なことは間違い無いでしょう。

 

暴落からのジリジリ値上げ・・・

「よし、今度こそ上がってきた!いけいけ!年末までに高値更新するぞ!」

 

ストーーン!と落ちる。

「大丈夫、また上がる!絶対に上がる。。」

 

その繰り返しです。

そう、単純にみんなの心が折れてきたのです。

 

常に冷静にトレードしているトレーダーは違うでしょう。

ショートで利益も出せますから。

 

しかし、ギャンブルのような感覚で仮想通貨を買い始めてガチホ状態の人にとっては上がることしか夢が無いのです。

 

やはりそういった一般層のミーハーが底を固めている部分が大きいと考えられます。

パーティーピーポーの彼らが盛り上がらないといけないのです。

 

 

アルトコインが値上がりしてくれない!

2017年は仮想通貨元年!

2018年は実需に動き出す!!

実需ならばビットコインよりイーサリアム!リップル!!ネム!!!エイダ!!!!ライト!!!!!ビットジー!!!!その他の草コイン達!!

 

はい、全部ダメです!

 

イーサリアムがビットコインを追い抜くって何だったの?といった感じ。

 

もちろんこれから先は誰にもわかりません。

 

ビットコインの暴騰で得た利益を現金にせずアルトコインに移動したかたは多いはず。

 

そこが伸び悩んでいては悲壮感でますよね。

 

 

叩かれまくってるガチホ勢たちのメンタル面がもうダメ

2017年年末にあれだけ煽られて勢いよく買った仮想通貨が今になって全部詐欺だとかギャンブルだとかわかってても言われたく無いことをバシバシと言われるようになってきました。

 

さすがに投資が初めてだった人間にとってこの仕打ちはキツイのでは無いでしょうか?

 

 

損切りができない塩漬け状態

株式投資やFXもやったことの無い人間にとって損切りをする選択というのは皆無です。

 

相場に立ち向かう上で最初に覚えるはずの知識は損切りのはずなのですが、それをできる人はいません。

 

はっきり言いますが、ガチホ勢で本当の意味で損切りした人はいないと考えています。

 

含み損が出ている状態で損切りしたひとはおそらく生活費に困ってやむなく損切りしただけだと考えられます。

 

この状態は間違いなく年末までは続くでしょう。言い切りますが絶対に年末から2019年前続きます。

 

 

2017年の幻想がまた起こると夢に描いている

年末になればまた上がるんです。

 

クリスマスには雪が毎年降るように毎年来るんですよ!それは!

 

ということです。

 

はい、頑張りましょう。

 

でも本当に来るかもしれませんよ?

 

誰にもわからないんです。

 

誰かに操作されているといった陰謀論が大好きな人たちがいますよね。

 

確かに影で支配しているひとがいたら面白いですよね。ゲームみたいで。

 

結局、誰かのせいにしてても良いことは無い

投資に限らずですが、自分の納得いったものだけにお金を使いましょう。

 

仮想通貨は悪だと言われるけど気にしなくて良いんです。

 

反対意見に屈する必要は少しもありません。

 

反対するひとなんて世間ではまともな人間ばかりです 。

別にまともでいる必要なんて無いわけです。

 

仮想通貨を持っていても持っていなくてもどちらも正しい。

 

批判することが一番の悪です。

 

気にせずにいましょう。

 

歓喜で売り悲壮で買う。まとめ

 

結論は「どっちでもいいから人の批判とか言い訳するな」です。

誰にも操作されずに自分の人生を生きよう。

 

人に迷惑かけなければ、なにやったっていいじゃないですか。

 

自分の頭で納得して投資を楽しみましょう。

 

終わり。

 

関連記事:【2019年版】初心者が今から仮想通貨で稼ぐたった2つの方法!

 

 

-仮想通貨

Copyright© お金稼ぎ地獄 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.