ふるさと納税

【一人暮らし必見】 ふるさと納税で食費を節約!おすすめの返礼品5選

ふるさと納税 食費 節約

ふるさとの納税を活用して食費を節約したいと思っている一人暮らしの方の中には、

「どのような返礼品を選べば良いのだろう?」

「具体的なおすすめの返礼品を知りたい」

と思っている方も多いのではないでしょうか。

ふるさと納税の返礼品はとても多いため、どれを選べば良いか迷ってしまいますよね。

そこで本記事では、一人暮らしの方がふるさと納税で食費を節約する際のポイントや注意点、そしておすすめの返礼品を5つ紹介します。

ふるさと納税で食費を賢く節約したいと思っている方はぜひ参考にしてください。

ふるさと納税で一人暮らしの食費を節約するときのポイント

 一人暮らしの方がふるさと納税を活用して食費を節約するためには、次の3つのポイントを元に返礼品を選びましょう。

保存性があるものを選ぶ

最も大事なポイントは、保存性がある食品を選ぶことです。

長期保存ができない食品を選ぶと、保存期限内に食べ切れない可能性があります。そのため一人暮らしの方には、常温保存で日持ちする米やレトルト食品、冷凍保存ができる肉などがおすすめです。

ただし複数の返礼品を同時に申し込むと、冷蔵庫などの食品の保管場所に全て収納できない可能性があります。そのため、各返礼品の申し込み時期をずらすのがおすすめです。

食品の保管場所のスペースを考慮した上で、長期保存が可能なものを選びましょう。

使い勝手の良いものを選ぶ

 様々な料理に使える、使い勝手の良い食品を選びましょう。

ステーキ用やしゃぶしゃぶ用の肉のような、使いにくい食材を選ぶと同じような料理ばかりを食べることになってしまいます。そのため豚のこま切れ肉やスライス肉、また鶏もも肉などがおすすめです。

同じような料理で食事に飽きてしまい、節約生活が苦しく感じてしまわないように、使い勝手の良い食品を選びましょう。

調理の必要がないものを選ぶ

自炊を普段行わない方には特に、調理の必要がないものを選ぶのがおすすめです。

ふるさと納税の返礼品には、ハンバーグ、カレー、スープなどレンジやお湯があれば食べられる様々なレトルト食品があります。

このような食品は時間の節約にもなるため、仕事や家事などを一人でこなさなければならない一人暮らしの方におすすめです。

ふるさと納税で一人暮らしの食費を節約するときの注意点

 食料品がもらえて節約になるふるさと納税。嬉しい制度ですが注意点もあります。ふるさと納税を行う前にしっかりチェックしておきましょう。

控除上限金額を超えないようにする

 ふるさと納税で納める金額の合計が、ご自身の控除上限金額を超えないように注意しましょう。

ふるさと納税を行ったことで受けられる税金の控除の金額には上限があります。上限を超えた金額を納めると、超えた金額は純粋な寄付となります。

上限金額は「ふるさと納税のポータルサイト」で調べられるため、寄付を行う前に必ずチェックしましょう。

控除申請を行う

 ふるさと納税を申し込んだ後は、控除申請を行いましょう。

申請を行わないと、あなたがふるさと納税を行ったことがお住まいの自治体に伝わりません。

その結果、税金の控除が行われず、税金を二重で納めることになってしまいます。そのため控除申請は忘れずに行いましょう。

   ふるさと納税で一人暮らしの食費を節約するのにおすすめの返礼品5選

 一人暮らしの方におすすめの返礼品を5つ紹介します。

お米

お米は宮崎県高鍋町のお米15kg(寄付金額: 23,000円)がおすすめです。

この返礼品の嬉しいポイントは5kgのお米が1か月ごとに届くことです。そのため一人暮らしの方でも無理なく保存期間内に食べられます。

豚肉

豚肉は宮崎県都城市の豚肉2.5kgセット(寄付金額: 15,000円)がおすすめです。

100gごとに真空パックで梱包されているため、冷凍庫のスペースを取りにくいのが嬉しいポイントです。

鶏肉

鶏肉は宮崎県美郷町の鶏もも肉2.5kg(寄付金額: 10,000円)セットがおすすめです。

250gずつ個包装されているため、一人暮らしの方でも使いやすくなっています。

冷凍ハンバーグ

冷凍ハンバーグは福岡県新宮町の4種ハンバーグセット(寄付金額: 10,000円)がおすすめです。

レンジで3分温めるだけで食べられる手軽さは一人暮らしの方には嬉しいですよね。ソースも4種類あるため、飽きずに食べられます。

レトルトカレー

 レトルトカレーは宮城県東松島市の牛タンカレー10食セット(寄付金額: 10,000円)がおすすめです。

レンジで温めれば食べられる手軽さがポイント。賞味期限は製造日より2年間のため一人暮らしの方でも無理なく消費できます。

まとめ:ふるさと納税を活用して一人暮らしの食費を賢く節約しよう!

以上、一人暮らしの方がふるさと納税を活用して食費を節約する際のポイントと注意点、そしておすすめの返礼品を紹介しました。

一人暮らしの方は以下のポイントを考慮して返礼品を選びましょう。

・保管スペースを考慮して長期保存が可能なものを選ぶ

・様々な料理に使えように使い勝手の良いもの選ぶ

・時間の節約のために調理の必要がないものを選ぶ

また注意点は、ご自身の控除上限金額を超えないようにすることと、控除申請を忘れずに行うことでした。

上記のポイントを考慮したおすすめの返礼品は以下の5つです。

・お米

・豚肉

・鶏肉

・冷凍ハンバーグ

・レトルトカレー

なお、ふるさと納税のポータルサイトは楽天ポイントが貯まる「楽天ふるさと納税」がおすすめです。

気になった返礼品はぜひチェックしてみてくださいね。

ふるさと納税を活用して食費を賢く節約しましょう!

  • この記事を書いた人

マネーリテラシー編集部

お金の知識を発信する「マネーリテラシー」編集部です。 当メディアに投稿される記事内容や体験談は、各ライターが執筆した記事をプロの編集者による校正と事実確認の上で公開されています。 オープンで言いにくい情報や最新情報はメルマガで発行しています。下記から無料登録で、素早く効率的にお得情報をキャッチ!

よく読まれている記事はこちら↓

プレママ Amazon定期便 1

Amazon定期おトク便を利用されたことはありますか? 好きな商品を割引価格かつ送料無料で、自宅まで配送してくれるサービスです。 今回は、Amazon定期おトク便のメリットと利用方法、プレママにおすす ...

コツコツお小遣い稼ぎ 2

「コツコツお小遣い稼ぎできる良い方法ないかな?」 「コツコツお小遣い稼ぎをしている人はいくら稼いでいるの?」 このような悩みや疑問を持っていませんか? そのような方に向けて、この記事では、コツコツお小 ...

Webデザインスクールは無駄? 3

Webデザインスクールを受講するか検討している時に、「Webデザインスクールに通うのは無駄なの?」「お金や時間を無駄にしたくない…」と不安になっていませんか? ネット上では「Webデザインスクールは無 ...

-ふるさと納税
-,