節約術

【メルペイ】メルカリ売上金を普段のお買い物で使う方法!使い方からチャージ(入金)まで解説!

更新日:

フリマアプリ「メルカリ」から普段のお買い物で利用できるサービス「メルペイ」が誕生しました!

今まで今までメルカリで出品した商品が売れてもそのポイントの使い道に困っていたという方は多いはずです。

メルペイを活用すれば普段のお買い物でメルカリポイントを利用できて無駄遣いを減らせるかもしれません。

メルペイの使い方を解説していきますのでぜひ参考にしてください!

 

メルペイとは!メルカリポイントを使った決済サービス

メルカリで商品が売れた分の売上金(メルカリポイント)が貯まっていても、メルカリでの買い物にしか使えない。

現金にして銀行振込をするにも手数料がかかるしなぁ。と困った経験を誰しもお持ちではないでしょうか?

 

ついにメルカリ内での買い物以外、コンビニや飲食店でのメルカリポイント利用が可能になりました!

その名も「メルペイ」

 

このメルペイの使い方・特徴や疑問を解決するためのページです!

ぜひメルペイを使いこなしてお得にお買い物しましょう!

 

メルカリポイント(売上金)が手数料無料で使える!

メルカリ内で販売したポイントを普段のお買い物で使えるようになるということは、欲しいものがないのに無理にポイント消化のためにメルカリポイントを使う必要はないということです!

しかも手数料は無料です!

 

今まで銀行口座に手数料を払って出金していた人にとっては朗報ですね!

 

メルペイあと払いが利用できる!5/1追記

メルペイあと払いという機能が追加されました。

クレジットカードが無くても後払いができるという非常に便利な機能です。

 

メルペイ後払いについての詳細は別の記事で解説しているので参考にしてみてください↓

参考記事: メルペイ後払い設定のやり方手順【メルカリアプリ】

 

 

メルペイを使える店舗は?対応店舗一覧!

目印はこのメルペイマークと↑

この電子マネー「iD」「Apple Pay」マークです↑

 

 

この「メルペイ」「iD」マークがあるお店なら利用することができます!

 

主な利用可能店舗は上の画像にある通りです。

 

まだまだ少ないと感じるかもしれませんが、電子マネー「iD(アイディー)」が利用できる店舗なら全て利用可能ということなので非常に幅広く利用できると考えられます。

 

電子マネー「ID(アイディ)」での決済なのでタッチだけで買い物できる

最近、人気のサービス「LINE Pay」や「PayPay」ではスマホの画面にバーコードを表示させてレジの店員さんに読み取ってもらうというシステムが主流です。

 

しかし、メルペイはSuicaなどと同じようにスマホをタッチするだけで決済が完結するシステムとなっているのでスマホ画面をわざわざ開いて見せる必要がありません。

 

「レジで決済のためにスマホ開くのって結構面倒ですよね?」

 

なのでこれは他の決済サービスとの差別化するための重要ポイントとなるはずです!

 

 

メルペイの利用登録方法

メルペイを利用するための手順を解説していきます。

スマホのメルカリアプリ内のメルペイ利用登録方法の流れを確認していきましょう!

 

まずはスマホアプリ内に電子マネーカードという仮想のカードを設定します。

設定方法は携帯電話番号認証を済ませるだけなので約1分で終わります!

 

メルペイアプリ内で作成した電子マネーカードの情報をiPhone側に追加します。

この追加が完了すれば「メルペイ」利用登録は完了です!

 

すぐにでもメルカリの売上金で買い物ができます!

 

 

メルペイの店舗での使い方

 

1、まずは上記に解説した通り電子マネーカードを作成する必要があります。

まだの方は先に設定を済ませましょう。

 

2、メルカリ売上金ポイントを購入としてチャージ(入金)して使うことができます。

銀行口座を登録すると口座からメルペイへチャージすることができます。(銀行口座登録方法は後述します)

 

3、レジの店員さんに伝える支払い方法は「iD(アイディ)で」と伝えましょう。

「メルペイで」と言っても伝わると思いますがiDなら間違いないでしょう。

 

「メルペイ」「iD(アイディ)」で支払うことを伝えたらレジにある読み取り端末にスマホをかざします(近づけるだけでオッケー)

 

ちなみにiDの決済音は「ティリンティンッ」って感じで意外にカッコいいです(文字では伝わらない)

 

メルペイで銀行口座からチャージ(入金)方法と対応銀行まとめ

メルペイで銀行口座を登録して残高チャージ(入金)するメリットと対応している銀行がどこなのかをまとめていきます。

 

メルペイに銀行口座を登録するメリット①ポイントを購入する必要が無い!

メルペイに登録した銀行口座からお金をチャージするメリットとしてはお支払いの手数料やチャージにかかるお金は無料ということです!

 

メルペイアプリ内からできるのでコンビニや銀行ATMに行ってわざわざ入金する必要もないので便利です!

 

メルペイに銀行口座を登録するメリット②売上金の出金期限が免除される!

メルカリで販売した売上金には出金制限というものがあります。

売上金が発生してから180日間を出金期限としてポイントが消滅してしまうというルールがあります。

 

約半年間で売上金をポイントにするか出金するかを選ばなければなかったのでストレスに感じていた方も多いはず。

 

 

メルペイに登録できる銀行口座一覧

メルペイ対応可能な銀行一覧

・三菱UFJ銀行

・三井住友銀行

・みずほ銀行

・りそな銀行

・埼玉りそな銀行

・愛知銀行

・足利銀行

・青森銀行

・イオン銀行

・伊予銀行

・SBJ銀行

・愛媛銀行

・岩手銀行

・大垣共立銀行

・香川銀行

・北日本銀行

・紀陽銀行

・京都銀行

・高知銀行

・静岡銀行

・大光銀行

・第三銀行

・大東銀行

・筑邦銀行

・中京銀行

・徳島銀行

・栃木銀行

・鳥取銀行

・トマト銀行

・西日本シティ銀行

・福井銀行

・福島銀行

・三重銀行

・みちのく銀行

上記の銀行で対応可能ということです。

ネット銀行の対応が遅れているのが残念だなという印象です。今後に期待ですね。

 

メルペイに銀行口座を登録する方法と手順

まずは登録したい銀行口座の個人情報を入力します。

次にメルペイに登録する銀行側の必要情報を登録していきます。

 

登録方法は銀行によって違いますので、口座番号やパスワードなどの情報を事前い用意しておくとスムーズに登録できます。

セキュリティ対策のためにスマホでパスコードを設定します。

銀行口座の登録が完了したらあとはメルペイ残高にチャージ(入金)するだけです。

入金した金額で実際の店舗でお買い物ができます!

 

 

メルペイ利用者の口コミと感想

スマホのメルペイアプリで実際にお買い物をしてみた人たちの実際の感想を紹介します。

メルカリの売り上げをポイントに交換して使えること、電子マネーiD(アイディ)で決済できることがやはり便利なようですね。

 

メルカリで普段から出品している人にとってはやる気アップに繋がっているようです。

メルカリ・メルペイだけで一つの経済圏が拡大していきそうですね 。

 

 

メルペイ登録方法と使い方のまとめ

この記事ではメルカリの新しい決済サービス「メルペイ」の登録方法と使い方を解説していきました。

 

メルペイの特徴とメリットを最後にまとめておきます。

・メルカリの売上金を普段のお買い物で使える

・電子マネー「iD」として利用可能なので利用可能店舗が多い

・バーコード決済ではなくタッチするだけで決済できるので簡単

・メルペイ手数料は無料

・銀行口座を登録すればすぐにチャージ(入金)可能

 

ぜひメルカリの最新決済サービス「メルペイ」を使って便利に簡単にお買い物してみましょう!

 

 

関連記事:

 

-節約術

Copyright© お金稼ぎ地獄 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.