お金のコラム 仮想通貨

マウントゴックス事件の原因と誤解から今後のビットコインを考える【仮想通貨投資ブログ】

更新日:

 

2014年2月

ビットコイン取引所であったマウントゴックス(Mt.Gox)が全ての取引を停止しました。

皮肉にもメディアにもビットコインにとってはこの出来事が初めて世間に名を知らしめる事件となりました。

 

どんな事件だったのか、そしてこれから先どのようにして教訓としていけるのか考察しました。

 

 

マウントゴックスへのハッキング被害

 

なぜマウントゴックスが取引を停止したかというと、ハッキング被害によって顧客から預かっているビットコインまでも盗難されてしまったからです。

この事件によりマウントゴックスにビットコインを預けていた顧客は数千万単位で引き出すことができなくなってしまいました。

 

被害に会われた方にとっては非常に気の毒な事件となったはずです。

 

 

ビットコインの脆弱性が原因?

 

この事件をメディアはビットコインの脆弱性が原因!

 

「ビットコインは危険なもの!」

 

というイメージ戦略を付けようと必死だったように思います。

 

しかしそれはどうでしょうか。マクロの広い視野で考えてみると理解できます。

 

 

マウントゴックスがハッキング被害を受けたと発覚して大きく日本国内のメディアが取り上げましたが、

実はビットコインの値動きは大きく変わりませんでした。

 

取引も全世界的にも安定して継続していました。

 

 

取引所の脆弱性が問題だった

 

マスメディアがビットコインの脆弱性を危惧しても、世界の中で一つの取引所の取引が停止してもビットコインの値動きや取引記録には影響しませんでした。

 

マウントゴックス事件の原因は「マウントゴックス」自体にあったのです。

 

マウントゴックスはハッカーからの攻撃に対するセキュリティ対策を怠っていました。

 

ただそれだけの問題なのです。

 

ビットコインの脆弱性が判明したわけではありません。

 

その部分を履き違えて「仮想通貨は危険だ」という人間は世間やメディアに踊らされる一般人です。

 

ビットコインに脆弱性が見つかったというならば、ブロックチェーンに対する大きな欠陥が発覚してからいうべきなのです。

 

 

ビットコイン自体の課題は無いのか

 

ここまで、全てマウントゴックス社が悪いと言い切ってきました。

 

では本当にビットコインやブロックチェーンに脆弱性は無いのでしょうか?

 

現在までにいくつかの脆弱性は指摘されているのが現状です。

 

  1. 取引履歴を遡ることができるが、個人や企業に特定することは確実には難しい。
  2. ビットコインの値動きが激しいことで一般取引には向かない。
  3. マウントゴックス事件に代表されるように信頼できる取引所が未だに無い。

 

といった指摘があります。

 

 

ビットコインはまだ始まったばかり

 


BTCもBTHもまだ時代に追いついていません。

 

これから実用化へと進んでいくには世界中の人たちが意見を出し合って良いものに変えていこうという意識なのです。

 

 

マウントゴックス事件から得られる教訓まとめ

 

マウントゴックス事件があったはずなのにコインチェックという取引所でハッキングによるネム盗難事件がありました。


マウントゴックスの教訓を活かせていないという意見も多くあります。

 

 

現在の状況で最も大切なことはどこの取引所でビットコインを購入したとしても、すぐに自分自身のウォレットに移動させてリスク回避の行動を取ることです。

 

ブロックチェーンそのものや取引所に関してはまだ何が起こってもおかしく無い状況です。

 

「自分の身は自分で守る。」

 

それがこれからの時代で生き残っていくコツなのかもしれません。

 

 

セキュリティに定評のある仮想通貨取引所の紹介記事はこちら↓

関連記事:【セキュリティ対策1位】ビットバンク(bitbank)取引所の特徴と登録方法

 

 

-お金のコラム, 仮想通貨

Copyright© お金稼ぎ地獄 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.