株式投資

割安な成長株の探し方|投資メリット・特徴・注意すべき銘柄についても解説

割安 成長株 探し方

割安な成長株とは、今後更なる成長が見込まれ、企業の資産価値より株価が安い銘柄のことです。

商品に例えるなら、高品質なのに価格が安いお値打ち品のような銘柄です。

今回は、割安な成長株の投資メリット・特徴・注意すべき銘柄について解説します。

割安成長株の投資で、株価がぐんと上がればFIREも夢ではありません。

ぜひ参考にしてください。

1.割安成長株の投資メリット2つ

割安な成長株の投資メリットは、以下の2つです。

  • 1.大化けが期待できる
  • 2.株価が下がりにくい

詳しく見ていきましょう。

1.大化けが期待できる

割安成長株に投資すると、株価の大化けが期待できます。

業績が好調なのに割安な銘柄は、人気がない業界やテーマの中に埋もれていることがあります。

一度上がり始めると、もともと割安のため3倍10倍になることも。

割安株の中でも、さらに低位株(株価が安いもの)を選ぶと大化けの確率も上がるでしょう。

2.株価が下がりにくい

本来の資産価値よりも安く、業績が好調な割安成長株は、株価が下がりにくい印象です。

コロナショックなど市場全体が低迷していても、しばらくすると買い増しされる傾向にあります。

業績などの数字に基づいた投資は、感覚でやるよりも成功確率が高いです。

割安成長株を見極めて買えば、より安定した投資ができるでしょう。

2.割安成長株の特徴5つ

割安成長株の特徴は、以下の5つです。

  • 1.ROEが20%以上
  • 2.利益と売上が年間10%以上伸びている
  • 3.PERが15倍以下
  • 4.PBRが1.5以下
  • 5.自己資本比率が50%以下

詳しく見ていきましょう。

1.ROEが20%以上

ROE(自己資本に対する利益率)が20%以上なら、今後の成長が見込めるでしょう。

業種などによりますが、日本ではROEが10%以上あれば高い方です。

ROEが20%以上なら、かなりの高利益率と言えるでしょう。

資金を効率的に運用できており、利益も積み重ねていけるため、今後の成長の原資が大きくなります。

2.利益と売上が年間10%以上伸びている

割安成長株は、利益と売上が年間10%以上伸びていることが多い印象です。

できれば3期連続増収増益など、長期間にわたり業績が好調な銘柄を選びましょう。

リーマンショック後など、市場全体が落ち込む時期の増益は難しいですが、赤字を出していないかチェックします。

また、売上だけでなく利益もしっかり見ましょう。

売上が順調でも、コストがかかって全体として赤字ということもあります。

3.PERが15倍以下

銘柄が割安かどうか判断する基準のPERが、15倍以下なら割安と言えます。

もし、PERが15倍の銘柄に100万円投資したとすると、15年分の利益で投資した100万円を回収できるイメージです。

そのため、PERは低ければ低いほど割安です。

4.PBRが1.5以下

PBRは、1株当たり純資産の何倍で購入されているかを指します。

もし、PBRが1倍なら、純資産と同等の株価です。

1.5倍以下なら割安株と言えるでしょう。

5.自己資本比率が50%以上

自己資本比率は、ROEの分母になる数字です。

自己資本比率が低いと、ROEが高く計算される場合もあります。

50%以上なら倒産リスクも低いです。

この状態でROEが高い銘柄を選べば、よりリスクを下げて割安成長株に投資できます。

3.割安成長株の探し方

割安成長株を探すために、スクリーニングツールで以下の条件に絞りましょう。

  • 1.ROEが20%以上
  • 2.利益と売上が年間10%以上伸びている
  • 3.PERが15倍以下
  • 4.PBRが1.5以下
  • 5.自己資本比率が50%以下

この条件で保存しておくと、次回から探すときに便利です。

ただ、2の「利益と売上が年間10%以上伸びている」は、設定できないことも多い印象です。

連続増収など、使用するスクリーニングツールの中で、近い条件を見つけましょう。

4.注意すべき割安成長株の特徴

注意すべき割安成長株の特徴は、業績の上がり下がりが激しい・自己資本比率が極端に低い・値段が高いなどです。

業績が安定しないと、成長が危ぶまれます。

きれいな右肩上がりの業績が、理想的です。

また、自己資本比率が極端に低いと倒産のリスクがあり、株価が高いとぐんと上がりにくいです。

割安成長株に投資する際は、これらの特徴に注意しましょう。

5.まとめ

今回は、割安な成長株の投資メリット・特徴・注意すべき銘柄について解説しました。

割安な成長株は、大化けする可能性もあり、注目の銘柄です。

注意すべき銘柄の特徴に気をつけて、隠れた割安成長株を探しましょう。

よく知っている大企業に投資するのも安心感がありますが、知名度が高いため株価は上がりきっている場合があります。

まだ、あまり知られていない銘柄を探すのは、宝探しのような楽しさがあります。

今回紹介した特徴を参考に、ぜひ割安成長株を探しましょう。

ライター:田中うめ子

  • この記事を書いた人

マネーリテラシー編集部

お金の知識を発信する「マネーリテラシー」編集部です。 当メディアに投稿される記事内容や体験談は、各ライターが執筆した記事をプロの編集者による校正と事実確認の上で公開されています。 オープンで言いにくい情報や最新情報はメルマガで発行しています。下記から無料登録で、素早く効率的にお得情報をキャッチ!

よく読まれている記事はこちら↓

プレママ Amazon定期便 1

Amazon定期おトク便を利用されたことはありますか? 好きな商品を割引価格かつ送料無料で、自宅まで配送してくれるサービスです。 今回は、Amazon定期おトク便のメリットと利用方法、プレママにおすす ...

コツコツお小遣い稼ぎ 2

「コツコツお小遣い稼ぎできる良い方法ないかな?」 「コツコツお小遣い稼ぎをしている人はいくら稼いでいるの?」 このような悩みや疑問を持っていませんか? そのような方に向けて、この記事では、コツコツお小 ...

Webデザインスクールは無駄? 3

Webデザインスクールを受講するか検討している時に、「Webデザインスクールに通うのは無駄なの?」「お金や時間を無駄にしたくない…」と不安になっていませんか? ネット上では「Webデザインスクールは無 ...

-株式投資
-