せどり攻略

プライスターの評判と料金!おすすめポイント総まとめ!Amazonせどりの出品納品作業が確実に早くなる!

「せどりを始めるのにプライスターは本当に必要なの?」

「納品作業の効率が良くなるって評判を聞いたけど本当なのか」

「プライスターを使うと利益が上がる?」

 

このページは、Amazonせどりをやる人にとってプライスターというツールが本当に必要なのか?という疑問が解決できる記事になっています。

ぜひ最後まで見ていってください。

 

目次

まずはプライスターという神ツールを作った人物と誕生秘話を知ってほしい

今Amazonせどりを行う人の中で「プライスター」というツールの名を知らない人はいないと思います。

このプライスターを作った張本人である運営会社カプセルZ代表フクダカズキさんのブログを紹介します。

 

プライスター誕生秘話ブログ:https://ameblo.jp/capsle-z/entry-12136653545.html

 

このブログを読むだけで、「プライスターがなぜこんなに沢山のせどらーに支持されているのか?」「なぜこんなに使いやすいのか?」

 

その理由がわかります。これからもプライスターがより使いやすく時代の変化に対応していくということがわかります。

せどりを副業で始めた人は少なからず起業家精神があると思うので、代表の言葉に胸が熱くなるはず!

 

Amazon公式からおすすめされているツールが「プライスター」です!

Amazon公式で紹介されているプライスター

「プライスター」はAmazon公式サイトに発表されるほど、おすすめされているツールです!

Amazonセラーセントラルの紹介ページにも出てくるほどなので、確実に怪しいモノではないと思ってください。

 

 

 

プライスターが必要なせどらーの特徴

・これからせどりを始める初心者

・Amazon大口出品者

・AmazonFBAを使う出品者

・せどりで月2万円以上稼ぎたい人

・せどりでの確定申告を楽にしたい

・FBA納品代行アルバイトを探している方

上記に必要です。特にせどり初心者には重要なツールです。

 

プライスターがいらないせどらーはこんな人

プライスターがいらない、必要のないせどらーの特徴を紹介していきます。

・小口出品者

・自己発送のみせどらー

・メルカリフリマせどらー

・利益がどのくらいなのか気にならない出品者

・納品時の危険物情報入力が苦じゃない

・全商品がオリジナル商品またはメーカーや卸業者仕入れのみの出品者

プライスターがいらない人には、このような特徴があります。

小口出品でリスクを少なくせどりを始めたいという方にはプライスターはいらないでしょう。

 

プライスターがせどり初心者におすすめな5つの理由

プライスターがせどり初心者に特におすすめな理由や評判を5つ厳選して紹介していきます。

この理由を知ってもプライスターに使いたいと思わない人はせどりを始めていない人か、利益額が100万円以上あり安定して売り上げているAmazon出品者だと思います。

特にせどり初心者やこれから売り上げを伸ばしたいという出品者におすすめなので、最後まで見て検討してください。

 

プライスターがおすすめな理由1:サンクスメール(評価メール)で出品者評価を増やせる

プライスター  サンクスメール

「プライスター」では、Amazonで自分のショップから購入してくれたお客様に対してサンクスメール(評価メール)を送ることができます。

 

ネットショップでお買い物をした時によく送られてくるあのレビューメールです。

レビューをお願いするメールは邪魔でうざいと思われがちですが、そのメールを送るのと送らないのとではショップの評価が増えるスピードが倍以上に上がります。

レビューがひとつもないショップには「新規出品者」と表示されてしまうので、お客様も警戒して別のショップを選んでしまう可能性が高いです。

 

ショップレビュー評価を増やすメリットは2つです

・お客様からショップを選んでもらえる確率が上がる

・Amazonからの信頼が増える

 

Amazon本体からの信頼感が高まると真贋調査という個別の監査が入る確率も少なくなることがわかっています。

ちなみにお客様にサンクスメールを送るタイミングも選べるので、購入から3日後や1週間後などおすすめなタイミングが選べます。

 

そして、サンクスメールの配信内容も「プライスター」にテンプレートが用意されているので考える必要がありません。基本的にはそのまま使っていて問題ないでしょう。

 

プライスターがおすすめな理由2:利益計算ができる(ひとめでわかる)

プライスター 利益確認

Amazonで売れた商品の仕入れ原価や経費を引いた純利益をすぐに確認することができます。

 

仕入れた商品を納品する時に、仕入れ金額を入れておけば売れた商品によってどのくらいの利益率が取ることができたのかをAmazon手数料まで自動計算されて集計できます。

意外と便利なのが仕入れ以外に使った経費についても計上できることです。

 

その他経費に入力できる項目

  • 人件費
  • 交通費
  • FBA倉庫への送料
  • 自己発送の送料
  • 梱包材
  • 消耗品
  • 通信費
  • 税金
  • システム使用料
  • その他経費
  • FBA保管手数料(自動計算)
  • FBA長期保管手数料(自動計算)
  • Amazon大口出品月額手数料(自動反映)

 

経費入力以外に、外出先でアプリを使うだけでリアルタイムな利益額が確認できることも魅力です。

 

プライスターがおすすめな理由3:パソコンや機械が苦手な人でも安心でカンタン操作ができる

次のプライスターがおすすめな理由は、パソコンや機械が苦手で使いこなせるか心配。。という方でも確実に使いこなせる点です。

 

パソコンが苦手でも安心して使える理由

・公式画面の表示項目が見やすい

・直感的に操作することができる

・プライスター公式でそれぞれの項目に解説記事がある

・随時プライスター公式ツイッターで最新情報とサポートまで行ってくれる

 

Amazonセラーセントラルの公式画面や納品プラン作成は非常にわかりにくく、パソコンが苦手な人だけでなく得意な人でも戸惑うことが多いと思います。

私も初めてのAmazonセラーセントラルの納品プラン作成から集荷までの作業で丸一日以上かかった記憶があります。

その点は「プライスター」が無敵です。確実に納品作業が短縮できます!

 

プライスターがおすすめな理由4:売れたらあなたのスマホにプッシュ通知がくる!

「プライスター」はAmazonFBA倉庫に納入している商品が売れた場合にスマホにプッシュ通知を出せます。

Amazonセラーセントラル公式アプリではいつ売れていつ発送されているのかを知るために、わざわざアプリの注文管理まで開く必要があります。

 

それに比べてプッシュ通知で残り在庫数まで表示してくれるプライスターは売れている実感があって嬉しいですし、在庫管理もしやすいです。

毎日大量に販売できるようになってからはこの機能はいらなくなるかもしれません。

しかし、初心者はせどりへのモチベーションを維持するという意味でも使うことをおすすめします。

 

プライスターがおすすめな理由5:自動価格改定(価格追従)ができる

プライスターでは自分以外の出品者がいる場合、他の出品者が価格変更した価格に自動で追従できる機能があります。

自動価格改定を使わなければ、毎日Amazonセラーセントラルにログインして価格変更を手動で行う必要があります。

 

そんな手間を減らせるのと同時に販売ロスを少なくすることができます。

私自身もプライスターを導入する前と後で売り上げが3割アップしました!

 

その他の機能

・赤字ストッパー=赤字にならないように自動で価格変更をストップする機能

・高値ストッパー=出品者が自分だけになった時に価格を自動で吊り上げる機能

 

上記の機能もせどりの利益を最大化するためには必須な機能です。

 

プライスターで店舗仕入れに便利な機能

プライスターアプリを使った、店舗仕入れに便利な機能を紹介していきます。

店舗仕入れで有名なアプリの中には「アマコード」や「せどりすとプレミアム」などがあります。

 

実は「プライスター」があるだけでも他のアプリでできることがほぼ全てできてしまいます。

そんなプライスターおすすめ機能を紹介していきます。

 

プライスターだけで仕入れ1:プライスター公式アプリでバーコード読み込みができる

バーコード読み込み

 

店舗仕入れで必ず必要となることが、スマホでのバーコード読み込みですよね。

プライスターアプリを使えば商品のバーコードスキャンをすることができます。

もちろん外部バーコードスキャナー(ビーム)にも対応しているので安心です。

 

仕入れ商品のバーコード読み込みが終わった後にも便利な機能がたくさんあります↓

プライスターだけで仕入れ2:仕入れていい商品とダメな商品がひと目でわかる

バーコード読み込み後 プライスター

仕入れ商品のバーコード読み取りが完了した画面が↑の画像です。

 

この商品は新品で1,763円が最安値出品されていることが一目でわかりますね。(FマークはFBAのF、自己発送の自です)

 

新品価格の下に目安と書いてあります。

これは仕入れする時に利益が出るか損失が出るかの損益分岐点となる価格が表示されています。

 

・目安の金額より安く仕入れればOK

・目安金額より仕入額が高いなら仕入れしてはいけない

 

この二つをまず見ていくだけでいいので店舗リサーチはスムーズに進みます。

 

目安より安く仕入れられそうな商品が見つかった後に確認するべき機能を次に紹介していきます。

プライスターだけで仕入れ3:モノレート・Amazon公式でライバルセラーを確認できる

バーコード読み込み後 プライスター

バーコードリーダーでスキャンした商品価格の下部にランキングというグラフが表示されます。

 

このグラフはAmazon内でのランキング推移を表す「モノレート」というツールを表示したグラフです。

 

このランキングが下に動いていればいるほどアマゾンで売れている商品ということがわかります。

リサーチして利益が出る商品が見つかったのはいいけど、売れなければ不良在庫を抱えることになってしまいます。

 

グラフがある程度動いている商品を仕入れるように意識しましょう。

Amazon公式の商品詳細ページへもワンタッチで飛ぶことができるので、ライバルセラーがどのくらいいるかのチェックなども簡単にできるのがプライスターのおすすめ機能です。

 

プライスターだけで仕入れ4:「キーワード検索」を使えば電脳仕入れにも役に立つ

プライスター キーワード検索

ここまで店舗仕入れでバーコードを読み込むリサーチ方法を紹介してきました。

 

でもそれだけでは、バーコードが隠されているけどリサーチしたい商品や電脳仕入れと呼ばれるネット上で仕入れする商品ではリサーチできないことになりますよね。

プライスターではそんな不安も必要ありません。

 

リサーチしたい商品をキーワード検索したり、Amazon独自のコードASINコードでの検索にも対応しています。

楽天市場などに代表されるネット仕入れにも応用できるという点もプライスターをおすすめする理由となっています。

 

プライスターの出品・納品に便利な機能3つ

ここまで「プライスター」を使用した仕入れで役立つ機能について紹介してきました。

ここからは、仕入れ後の出品作業や納品プラン作成などの際に便利な機能を3つ紹介していきます。

 

ここからがプライスターのおすすめ機能の本番だと思って大丈夫です。本当にすごい機能ばかりです。

 

プライスターで出品・納品1:納品プラン作成時に危険物情報をほぼ自動で入力してくれる

Amazonセラーセントラルで納品プランを作成する時に、確実に時間の取られる作業で、かつ面倒な作業は「危険物情報入力」でみなさん間違い無いのではないかと思います。

 

プライスターでは、この面倒な危険物情報入力を他のプライスター 利用ユーザーが入力した情報と共有することで、同じ商品を記憶し自動入力してくれるんです!

ちょっと何言ってるかわからないと思われるかもしれませんが、一度使うとこれなしでは納品できないせどらーが多いです。

 

特にせどり初心者は、危険物情報はつまづきやすいポイントになるのでまず「プライスター」を使ってみることをおすすめします。

 

プライスターで出品・納品2:商品ラベル印刷したシールに商品画像写真が付いてる!

AmazonFBA倉庫に納品作業をする際に、仕入れた商品ひとつひとつに商品ラベルシールを貼っていく必要があります。

 

通常は商品名とバーコードのみが印刷された商品ラベルをプリンターで印刷して貼っていくのですが、バーコードと省略された商品名だけだとどの商品に貼ればいいのかわからなくなることが多くあります。

ここで貼り間違えてしまうと納品ミスが起き手数料が取られたり、Amazonアカウントの信頼性も失われていってしまうため、注意したい部分です。

 

商品ラベルに商品の画像写真がついていれば、貼り付けを間違える心配が少なくなるはずです。

こんな細かいところにまで対応しているプライスターが本当にすごいなと何度見ても思います。

 

プライスターで出品・納品3:自己発送の納品書も印刷できる

AmazonFBA倉庫に納品する以外に自己発送で送る商品に添付する納品書もプライスターから印刷することができます。

 

Amazonセラーからもできる機能ではありますが、何個も画面を行ったり来たりする必要がないと思うと安心して自己発送の作業ができるはずです。

 

プライスターで出品・納品4:FBA納品代行アルバイトを探すことができる「プライスターパートナー」

プライスターアプリ内で、FBA納品代行アルバイトをマッチングすることができます!

条件に合えばそのままFBA納品代行を頼めてしまうので、とても便利です。

 

納品代行のアルバイトを自分の力だけで見つけるのはなかなか難しいのが現状です。

 

プライスターとマカドはどちらが人気なの?

マカドというプライスターと似た機能を持ったAmazonセラー連携ツールがあります。

価格追従などもあり、似た機能が多いですが、やはり運営の対応スピードや使いやすさ、利用人数の多さから「プライスター」が優っているのかなという印象です。

 

プライスターの口コミと評判

 

棚卸し機能があるため確定申告もカンタン!

プライスターには残った在庫をまとめる「棚卸し機能」があります。

毎年の確定申告の時期にFBA倉庫に残った在庫をひとつひとつ手動でチェックしていく必要がありません。

 

確定申告を楽に終わらせたいという方にもおすすめです。

 

プライスター利用にかかる月額料金

プライスター 月額料金

「プライスター」を使うために必要な月額料金は4,800円(税抜)となっています。

 

お支払い方法はクレジットカードでの支払いが可能です。

「30日のお試し無料期間」があるので、せどり初心者はまず使ってみることをおすすめします!!

 

プライスター 無料期間

プライスターは解約・退会も簡単!

「プライスター」は解約の仕方が複雑だったり、わかりにくくなっているという悪質な対応はありません。

プライスター 解約

 

ホーム画面からワンクリックで退会・解約することができます!

これだけわかりやすくしているのは、プライスター運営がサービスに自信を持って作っている証拠ですね。

 

簡単に解約できるのなら無料期間だけ登録をして、いらないのなら解約・退会すればいいだけです。

 

初心者におすすめなせどりに便利な有料ツールの組み合わせ【この2つあればOK】

せどりに使うことができる有料ツールには様々な種類があります。

ですが、全てのツールやアプリを試すわけにはいかないですよね。(無料期間がないものもあるので)

そこで、私が実際に使ってわかったせどりに使う有料ツール・アプリの組み合わせを紹介します。この2つだけでリサーチ・仕入れ・出品・利益計算まで全てできるのでおすすめです。

 

せどりにおすすめな有料ツールの組み合わせ

「プライスター」で仕入れ・出品管理・利益管理

「セラースケット」で真贋調査を未然に防ぐ(Amazonセラーアカウントの保護)

この2つを組み合わせて使うと最強でおすすめです!

 

どれだけ利益が多くなっても、真贋調査によってAmazonセラーアカウントが停止になってしまうと大損害になってしまいます。

真贋(しんがん)調査って何?という方は↓から確認してみてください。

セラースケット説明
【Amazonせどり】真贋調査の対策と復活方法の事例を紹介【提出書類と手順】

  このページでわかること ・Amazonを使ってせどりを始めたけど、真贋調査が怖い ・真贋調査が来る理由と原因 ・真贋調査になりやすい商品やメーカー ・真贋調査がきたらどう対応するべきか ...

続きを見る

 

 

プライスターの評判と料金!おすすめ機能と使い方まとめ

プライスター トップページ

Amazonせどりに便利なツール「プライスター」のおすすめ機能と便利な使い方を紹介してきました。

 

せどりで絶対に稼ぎたいと思っている人には絶対役立つツールです!

まずは無料期間が30日間もあるので、1ヶ月使ってみてからどうするかを考えてみてください!

 

 

 

【2020年版】Amazonせどり転売に必要な道具を厳選10個にまとめました!!【副業】

副業でせどりを始めよう!と思い立ったはいいものの、何から始めればいいのかわからない。 そしてどんな道具を用意すればいいのかわからないという方は意外と多いです。   ここではせどりを始めるにあ ...

続きを見る

 

セラースケット説明
【Amazonせどり】真贋調査の対策と復活方法の事例を紹介【提出書類と手順】

  このページでわかること ・Amazonを使ってせどりを始めたけど、真贋調査が怖い ・真贋調査が来る理由と原因 ・真贋調査になりやすい商品やメーカー ・真贋調査がきたらどう対応するべきか ...

続きを見る

人気記事トップ3はこちら↓

イオンネットスーパー 1

新型コロナウイルスで、学校の休校期間が延長となり、5月のGW(ゴールデンウィーク)が終わるまでに変更となりました。 子供の学校が休みになると同時に仕事も休みになったり、子供の小学校や保育園が休みで家に ...

メキシコペソ円 金利 2

  この記事でわかること↓ メキシコペソ円は今なぜ人気なのか トルコリラなどの高金利通貨との違いは? メキシコペソ円の今後の見通し メキシコペソ円に投資するメリットとデメリット 新型コロナウ ...

コロナショック仮想通貨下落幅 3

新型コロナウイルスの影響で、日経平均株価をはじめ、アメリカのダウ平均株価、ドル円などのFXも大きく下落したり乱高下している状況です。   下落幅はリーマンショックを超え、今現在生きている人の ...

-せどり攻略
-

Copyright© マネーストック , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.