投資初心者向け記事

ソーシャルレンディングとは何かをわかりやすく解説!!【資産運用】

更新日:

投資の世界にいると良く聞く言葉になってきているソーシャルレンディング

資産運用や投資を常日頃から情報収集していて、それを発信している人間なら耳にして当然なのですが

先日、投資など全くやったこともないであろうサラリーマンである知人の口から「最近ソーシャルレンディングっていう投資やってみた」と突然聞き、かなり驚きました。

こんな一般層まで来ているということはこれからの投資・資産運用のスタンダードになるのではないかと直感で思いました。

そこで、自分の再認識も含めて改めてソーシャルレンディングとは何かを投資初心者にもわかるように解説していこうと思います。よろしくお願いします。

ソーシャルレンディングとは

ソーシャルレンディングとは、資産運用したい個人と事業拡大のためにお金を必要としている企業をマッチングさせて個人が企業にお金を融資する仕組みのことを呼びます。

ソーシャルレンディングを利用するためには基本的にソーシャルレンディング事業運営会社を通して行う必要があります。

企業と個人の間に運営会社を挟むことで、安心安全に資金を移動できる仕組みができあがっています。

クラウドファンディングとソーシャルレンディングの違いは?

個人から企業へお金を融資するということは、クラウドファンディングでも同じようなことができるのではないか?と思う方も多いと思います。

しかし、クラウドファンディングとソーシャルレンディングは違うものに分類されています。その理由を解説していきましょう。

・金融商品としての登録が必要なのがソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングは金融庁に認められた金融商品という位置付けとなっています。

そのため厳格な規定があり、取り扱うためにも業者登録が必要となっています。

つまり、同じように見える融資型のクラウドファンディングでも預けたお金の信頼性が大きく異なるのです。

・支援なのか投資なのかという2つの違いがある

購入型のクラウドファンディングは基本的には、出資者は支援を目的に出資しています。出資金の元本にあたる部分は気持ちやモノで返すことが多いです。

例え元本割れになるようなお返しでも文句をいう出資者は少ないのではないかと思われます。

しかしソーシャルレンディングは投資としての出資ですので、出資者も企業側もシビアにとらえます。

企業は融資を受けている訳ですから、しっかりと利益を出し分配金を出さなければならないと考えるので大変です。

結果的には株の発行と同じですね、株主に怯える企業となる訳です。

しかし、株主ほどは怖くなく投資家の方も出資のハードルが低いというお互いの利害が一致したことがソーシャルレンディングが流行っている原因だと考えられます。

ソーシャルレンディングの特徴①高い利回り

ソーシャルレンディングの特徴として強く語られることは、その高い利回りです。

平均利回りは8%と確かに高いです。

なぜこの高い利回りを実現できるかというと、企業が銀行からお金を借りにくい状態になっているからという背景があります。

銀行は近年、主力であるはずの企業への融資で利益を出せていないことが明確となっています。

ベンチャー企業はもちろんのこと、借り入れる期間が短い融資に関しては銀行も融資額を渋る傾向にあるようです。

そこでソーシャルレンディング運営会社は、銀行には借りられないけれど短期・中期的に有望な企業への融資を積極的に行ってきました。

その優れた審査体制により高い平均利回りを実現できていると考えられます。

この事業をチャンスととるかリスクととるかはあなた次第です。

銀行がカードローンに必死になって本業をおろそかにしている間に素晴らしいポテンシャルを持った若い企業が続々と生まれていることだけは理解するべきだと思います。

ソーシャルレンディングの特徴②貸し倒れが少ない

もう1つソーシャルレンディングのメリットを紹介します。

それは貸し倒れが少ないということです。

クラウドポート調べによるとソーシャルレンディングにおける貸し倒れ確率は1.5%となっています。

100社に1〜2社が貸し倒れを起こす計算です。

貸し倒れを起こすと全ての出資金が吹き飛ぶ訳ではなく、運営会社の中には保証があることもあるので確認が必要でしょう。

年率平均8%の利回りを実現でき、貸し倒れ率がこの水準を維持できるのであればやはり魅力的な投資商品だといえるでしょう。

株式のようにチャートは無いので、基本的には投資したらほったらかしでオッケーです。

特殊な技術が必要な投資ではないこともメリットでしょう。

ソーシャルレンディングの特徴③途中解約ができない

ソーシャルレンディングでは、投資先を決めて出資を行うと満期を迎えるまで解約することや返金することは基本的にはできません

なぜかというと、お金を借りて新規事業を行いたい企業にお金を貸す訳なので途中でやっぱりお金返して欲しいと言われても事業がスタートしていたら難しいからです。

なので出資したらじっと企業の行く末を応援して見守りましょう。

こういった理由から、ソーシャルレンディングは余剰金で行うことが必須になります。

一攫千金を狙う投資にはなりませんよ。

-投資初心者向け記事

Copyright© お金稼ぎ地獄 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.