資格取得

お金をかけずにTOEICの点数を伸ばす方法とは?おすすめの書籍を紹介

お金をかけずにTOEIC

誰もが一度はTOEICという資格について聞いたことがあるでしょう。

現代社会において仕事を探す際、TOEICの点数は必須級であり多くの会社が重要視しています。

しかしながら、TOEICの受験料は1回につき7,810円と、気軽に受けられるものではないため、お金をかけずにTOEICの勉強をし、「しっかりと結果を残したい」という方は多いでしょう。

今回は

●TOEICにおすすめの書籍

●具体的な勉強法

について紹介します。

本記事を読むことで必要最低限の書籍だけでTOEICの点数を伸ばすことが可能です。

是非お役立てください。

お金をかけずにTOEICを伸ばせるおすすめの書籍を2つ紹介

ここからは著者が選ぶ「TOEICにおすすめの本」について紹介します。

TOEIC L&R 出る単特急金のフレーズ (TOEIC TEST 特急シリーズ)

Amazonで979円で購入が可能です。

こちらの単語帳はTOEICを受ける人にとってはかなり重宝するもので、

全1000単語+表現などを収録しています。

実際のところ、こちらの単語帳に収録されている英単語をマスターすることができれば、

TOEICの点数も格段に上がることが期待できます。

ただしこちらの単語帳は600点レベルから収録されているため、

難しいと感じる方は「銀のフレーズ」という単語帳もおすすめです。

1駅1題! TOEIC L&R TEST 文法特急 (TOEIC TEST 特急シリーズ)

アマゾンでは紙媒体であれば935円、kindle版の電子書籍では880円での購入が可能です。

TOEICのパート5、6はこの一冊を極めれば劇的にスコアが上がります。

こちらもとにかく繰り返しが大切です。

何度も読んでいると答えを覚えるため、スピードもますます上がるでしょう。

余裕があれば以下の2つ

余裕があれば以下のふたつもトライしてみるといいでしょう

TOEIC公式問題集

公式問題集はその名の通り、本番形式で解くことができます。

一度時間を測って、どのくらいできるのか、現状のレベルはどのくらいなのかを確かめることも可能です。

しかしながら、3,300円と値段は高く、この問題集はある程度TOEICを受け、点数を取れるようになってから使うのが適切です。

TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問

こちらは文法に特化しており、上で挙げた文法特急よりも多くの問題を収録しています。

ですが、こちらに関しても2,530円と値段が高めなので、文法特急を先に攻略するのが適切です。

TOEICの書籍はKindleでの読み放題がおすすめ

上で挙げた書籍の内、文法特急と出る1000文法はKindleで見ることが可能です。

Kindleを使用した場合文法特急を使用した場合50円程、出る1000文法の場合は500円程安く買うことができます。(文法特急は880円、出る1000は2,024円 )

また、Kindle Unlimitedでは月額980円で読み放題になります。

その中には英語学習やTOEICに役立つ本も多く載せられていますから、是非活用してください。

Kindle Unlimited公式サイトはこちら

お金をかけずにTOEICを勉強するおすすめの方法

ここからはおすすめの勉強法について2つ紹介します。

なるべくお金をかけない書籍の使い方

なるべくお金をかけたくない人向けにおすすめなのが

「1つの書籍を極めること」です。

多くの問題集を買って勉強すると、すべての問題集に手を付けることができず、曖昧になります。

それを避けるためにもまずは1つに絞って完璧に覚えるくらい勉強してください。

シャドーイング

シャドーイングはリスニング力の向上に最適です。

シャドーイングは流れてきた音声を追いかけるようにして声に出す練習法で、最初はスクリプトを見て練習し、慣れてきたらスクリプトを見ずに練習します。

また他の作業をしつつ、音声を流しながらシャドーイングをする、「ながらシャドーイング」という方法もあり、手間も省けるためおすすめです。

実は、シャドーイングはリーディング力も高めることが可能で、多くの分野で役立つため、練習して損は全くありません。

abceedというアプリがあり、こちらから音声をダウンロードして使うことが可能です。

こちらのアプリはTOEICの書籍の音声が収録されているため、こちらを使用してシャドーイングをすることができます。

できれば毎日行うことをおすすめします。

日に日にリスニング力が上がっているということを実感できること間違いなしです。

ディクテーション

ディクテーションとは、流れてきた音声を紙に書きとる勉強法です。

これを行うことにより、前置詞などのつながりを意識することが可能です。

カフェや図書館など、声を出せない場所で勉強する際におすすめします。

やり方としては、まず音声を聞き全体の流れを把握した後、聞き取れなかった部分はオーディオを止めつつ書き取ります。

ポイントとなる単語を意識しながら行うことも大切です。

精読

リーディング対策には音読がおすすめです。

上で挙げた書籍を、声に出して読むと効果的です。

文構造をはっきりさせ、どんな文法が使われているのか、この部分の和訳はどうなっているのかといった点を意識して行います。

まずはしっかり文を把握した後、それを意識し多読し、速読できるようになればバッチリです。

音読をすると自然と文を覚えていくため、文法力が勝手に身につくと言っても過言ではありません。

何度も繰り返してしっかり覚えてください。

まとめ:やり方次第で点数は変わる

今回はお金がかからない書籍や勉強法をお伝えしました。

TOEICに特化した書籍は多く見られますが、その中でも上で挙げた2つを極めることを優先しましょう。

また、隙間時間を使ってシャドーイングを行うことも取り入れて見てください。


TOEICの点数を上げるには時間がかかりますが、是非本記事で紹介した書籍と練習法を取り入れて、継続して行ってください。

よく読まれている記事はこちら↓

プレママ Amazon定期便 1

Amazon定期おトク便を利用されたことはありますか? 好きな商品を割引価格かつ送料無料で、自宅まで配送してくれるサービスです。 今回は、Amazon定期おトク便のメリットと利用方法、プレママにおすす ...

コツコツお小遣い稼ぎ 2

「コツコツお小遣い稼ぎできる良い方法ないかな?」 「コツコツお小遣い稼ぎをしている人はいくら稼いでいるの?」 このような悩みや疑問を持っていませんか? そのような方に向けて、この記事では、コツコツお小 ...

Webデザインスクールは無駄? 3

Webデザインスクールを受講するか検討している時に、「Webデザインスクールに通うのは無駄なの?」「お金や時間を無駄にしたくない…」と不安になっていませんか? ネット上では「Webデザインスクールは無 ...

-資格取得
-, ,