https://kasoutuukanoblog.com

投資初心者向け記事

投機と投資の違いはあるのか?ギャンブルとの違いは?

投稿日:

自分の大切な資産を元に株式や不動産に投資をしたり、宝くじや競馬などギャンブルに資産を注ぎ込むことって誰にでもあると思います。

 

でもそれを投資と言ってみたり投機と言ってみたりするのはなんでだろう?と疑問に感じることがあります。

投資と投機には違いがあるのか?ギャンブルはどの分類なのか?そもそも違いはないのか?という疑問を解決できるようにまとめていきます。

このページを読んで少しだけ投資について賢くなっちゃいましょう。

 

投機はチャンスに飛びつくこと!投資こそホンモノの資産運用!

いやはや、早速結論を書いてしまいました。

もう一度言います。

 

「投機はチャンスに飛びつくこと!投資こそホンモノの資産運用!」

 

もう1つ補足すると、ギャンブルと投機は性質は似ているけど違うものということです。

ということです。以下ではもう少しそれぞれの言葉を掘り下げてみましょう。

 

投機とはチャンスに飛びつくこと

・正確には投機=ギャンブルは間違い(似てるけど違う)

・ハイリスクハイリターン

・短期間で儲けることが目的

・後先考えずにお金を賭ける

・セロサムゲーム(参加者が払った参加費を奪い合うゲーム)

投機の語源は「機会(チャンス)に資産を投げる」です。

チャンスを見つけたら飛びついて利益をあげる。失敗して落ちた先は底無し沼ということです。

参加費を払った人たちで集めた参加費を奪い合います。買った人が総取りでき大きく利益を出すことも可能です。逆に負けた人には何も残りません。

 

ギャンブルとは主催者に操られたおもちゃになること

投機がゼロサムゲームという話をしましたが、ギャンブルはそれよりも勝者の取り分が少ないゲームです。

なぜなら胴元(ゲームマスター)が支配しているからです。胴元がゲームを用意し場所を用意し機会まで用意してくれます。

それに参加費を払ってやっとゲームに参加できます。

 

ゲーム参加者は胴元が決めた賞金を取り合います。もちろん勝つひともいます。そのゲームに向いている人が連勝することもあるでしょう。

しかし、忘れてはならないことはそこはカゴの中だということです。胴元に見せ物とされているだけということを忘れてはなりません。

 

投資とは資産を運用すること

・投資=資産を運用する

・ローリスクローリターン

・期待する企業に資金を提供して事業を進めてもらう(株式投資)

・企業が大きくなれば出資者みんなが利益を出せる

投機・ギャンブルとの大きな違いは、資金の取り合いゲームではないということです。

企業が事業に成功すれば出資した人たちみんなに利益が分配されます。

デメリットとしてはやはり大きく勝つ(ハイリターン)ことが少ないことでしょう。投資で一攫千金というのはなかなかないかもしれません。

 

 

ここまで投機・ギャンブル・投資の違いについて解説してみました。

世間一般的にはこの認識で間違いないでしょう。

 

 

ギャンブルと投機はやったらダメなの?破産するの?

ここまで真面目に読んでいただいた方にとっては、投機とギャンブルについての書き方があまりにもデメリットだらけで悪いことをするような書き方だと感じてしまうかもしれません。本当にそうでしょうか?

仮想通貨や競馬業界・パチンコ業界で働いている方には申し訳ないので、ここからは私の個人的な意見を述べていこうと思います。

 

今すぐ人生を変えたいなら本気で短期的なゲームに勝つしかないのだ

ギャンブルや投機は危険だ!やめろ!と言われてもじゃあ毎月のサラリーマンとしての安月給をコツコツ投資信託に預けて年利5%とかで増やしていって貯金して・・・。

 

それでオッケーだと思っているあなたは、ちゃんと計算してます?絶対にだめですよね。コツコツ貯金して頑張ってる自分は偉い。と言って自己陶酔しているだけです。

 

人生で何か成し遂げたい目標がある。借金がある。見返してやりたい人がいるならそんな時間なんてないんです。

 

ゼロサムゲームでもいいんです。賞金取り合いゲームで勝ちましょう。勝ってやりましょう。

 

ギャンブルよりは投機=チャンスを掴んで勝利を掴む

もう一度ギャンブルと投機を比較してみましょう。

ギャンブルは胴元(ゲームマスター)がいることで、ゲームの勝者が得られる賞金が少ないことが明確です。

それならばもちろん投機の方が勝ちやすく、自分でゲームをコントロールしやすいです。

 

コントロールについて話すと、宝くじは自分では少しもコントロールできないですよね?何かオカルト的な必勝法は溢れていますがコントロールできるほどの方法は無いと私は感じています。

パチンコや競馬も同じく勝つ方法はありますが、勝ち幅が少ないです。大幅に勝つことは難しいでしょう。

 

投機として挙げられるのは外国為替FXや株式の信用取引などです。最近は仮想通貨ビットコインも投機として代表的な金融商品となりました。これらは資産にレバレッジをかけて大きな勝ちを得ることも可能です。つまり自分でコントロールしやすいということです。

為替や株価は会社の業績や外交関係など、世間の動きに影響されやすいこともありチャンスが必ず来ます。知識のあるものだけがそのチャンスを知ることができて飛びつくことができるのです。

 

損切りが全てのデメリットをカバーする

仮想通貨やFXトレードなどでレバレッジをかけて大きな利益を取りにいこうとすると、実は破産することも一瞬で可能です。

相場観も無い初心者がいきなり買いに来てもカモにされるだけです。

レバレッジとはどんな仕組みか知らない方は、

仮想通貨FXトレードをする前に知るべきレバレッジ取引の仕組み」をご参照ください。

 

テクニカル分析などのトレード手法を覚えて利用することもおすすめですが、それよりもまず確実に覚えてほしいことが「損切り」です。

 

全てのトレード注文を出すときに損切りを確実にするようにしてください。このルールを守るだけであなたは破産しません。カモにはなりません。

 

損切りのコツを知ったら次はチャート分析です。

テクニカル分析の基本を覚えることが良いでしょう。

移動平均線の使い方とトレード手法【テクニカル分析講座】」を参照してみてください。

 

投機・投資・ギャンブルの違いのまとめ

投機や投資はどう違ってそれぞれどんな特徴があるのかまとめていきましたがいかがでしたでしょうか?

後半は自分の情熱が入りすぎて熱くなってしまいました。すみません汗

 

自分も投資の世界でゲームに勝ち必ずお金を稼いでやると決意して今も取り組んでいますので、同じような気持ちを持った人にはコツコツ投資信託なんてしてほしくないと思ったのです。

 

投資=ギャンブルのようなもので怖いとよく言われます。

それは投資のことを本気で考えたこともない人がいう発言です。

周りの流れに流されずに自分の道を進んでいけるように学び、頑張っていきましょう。

 

今後も私は仮想通貨やFXなどの期待している投資の勉強を進めていき、有益な情報を発信していきます!ぜひ他のページも参考にしてみてください。

-投資初心者向け記事

Copyright© お金稼ぎ地獄 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.