Webライター

高校生でもWebライターになれる?始め方や注意するポイントを解説

Webライター 高校生

「高校生でもWebライターとして、バイトすることができるのかな」

「外でバイトをしたくないから、在宅でWebライターの仕事がしたいな」

「高校生だと、Webライターに挑戦するのは難しいのかな」

このようなお悩みをお持ちではありませんか。

まず結論から言うと、高校生でもWebライターとして働くことは可能です。

しかし高校生が利用できないサイトや保護者の同意がないと働けないことがあります。

本記事では、高校生でもWebライターになれる方法や注意するポイントをそれぞれ解説していきます。

具体的に

  • 高校生がWebライターをやる3つのメリット
  • 高校生がWebライターとして働く際の注意点
  • 高校生がWebライターをはじめるための3つの手順

について分かりやすく解説していきます。

高校生からWebライターに挑戦したい方は、ぜひ最後までお読みください

高校生がWeb ライターをやる3つのメリット

社会経験になる

Webライターの仕事をするにあたって社会人とやり取りを行うので、言葉遣いやコミュニケーション力が向上します。

クライアントと基本的にメールでやり取りをするため、ビジネスメールの書き方も自然と身につくようになります。

そのため、ビジネスマナーも身につけることができるのでおすすめです。

就活の際にも、役に立つでしょう。

自分の力でお小遣い稼ぎができる

Webライターは自分の力で頑張った分だけ、お金を稼ぐことができます。

稼いだお金は、趣味に使ったりWebライターのスキルを高めるために自己投資したり、自分の好きなように使うことができます。

国語力が身につく

Webライターはひたすら文章を書く仕事です。そのため、国語のスキルも自然と高まります。

国語が得意ではない人にとっては、Webライターの仕事を通して苦手を克服することができる可能性があります。

また大学に進学する人は、論文を書く際にWebライターのスキルがとても役に立ちます。

高校生がWebライターとして働く際の注意点

高校生がWebライターの仕事をするメリットもありますが、反対に注意しなければならないこともあります。

注意して確認しなければならないポイントを3つ紹介します。

未成年が利用できるサイトなのか確認する

大手のクラウドワークスやランサーズは18歳以上しか利用できないため、高校1・2年生の間は利用しないよう注意しましょう。

サイトの利用規約を守ったうえで、Webライターの仕事をこなしましょう。

保護者の許可を得る

まず副業をはじめる前に、必ず保護者の方から同意を得ることが必要です。

サイトによっては保護者の同意がないと仕事ができない場合もあります。

ライバルは社会人経験のある大人 

Webライターは副業などにおいても人気の職業です。

サイトから応募をする際、人気の案件だと30人以上も応募が集まることがあります。

そんな中、ライバルは社会人経験があり、複数の資格を所有していることもあります。

高校生がWebライターをはじめるための3つの手順

高校生からWebライターを始める手順をそれぞれ紹介します。

書籍やネットでライティングの基礎を学ぶ

Webライターの仕事をするにあたって、ライティングスキルの基礎を身につけるのであれば書籍がおすすめです。

ですが、あまりお金を使いたくない人はネットで検索をして無料で学ぶことも可能です。

例えば「Webライター 記事の書き方」で検索すると、沢山参考になる記事が出てきます。そして、役に立ちそうな部分をピックアップしてスプレッドシートなどにメモしておくのがおすすめです。

サイトに登録する

実際に利用できるサイトに登録してみましょう。

登録は無料なので、色んな案件に目を通して自分にできそうな案件を探します。

自分のプロフィールを記入する際は、埋めれる箇所は極力埋めるように意識しましょう。

プロフィール画像で顔を載せることに抵抗がある場合、似顔絵のイラストを設定するのがおすすめです。

何も設定されていないより、雰囲気がわかる方がクライアントからしても安心することができます。

【おすすめクラウドソーシングサイト】
ランサーズ(Lancers)
クラウドワークス(CrowdWorks)

提案文を書いて案件に応募する

自分にできそうな案件を見つけたら提案文をかいて実際に応募してみましょう。

Webライターはライバルが多く高校生の場合、ライバル相手は社会人経験のあるライターです。

そのため、すぐに案件を受注することは難しいかもしれません。

ですが、提案文を改善することで受注することができるので、めげずに沢山応募することをおすすめします。

まとめ:高校生にできることからWebライターに挑戦してみよう!

高校生がWebライターになるにあたっての注意点やはじめる手順について紹介しました。

未成年ということもあり制限もありますが、Webライターの仕事を通して社会経験になり、ビジネスマナーや文章力が身につくようなメリットが沢山あります。

本記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

ライター:桜井あさ美

よく読まれている記事はこちら↓

プレママ Amazon定期便 1

Amazon定期おトク便を利用されたことはありますか? 好きな商品を割引価格かつ送料無料で、自宅まで配送してくれるサービスです。 今回は、Amazon定期おトク便のメリットと利用方法、プレママにおすす ...

コツコツお小遣い稼ぎ 2

「コツコツお小遣い稼ぎできる良い方法ないかな?」 「コツコツお小遣い稼ぎをしている人はいくら稼いでいるの?」 このような悩みや疑問を持っていませんか? そのような方に向けて、この記事では、コツコツお小 ...

Webデザインスクールは無駄? 3

Webデザインスクールを受講するか検討している時に、「Webデザインスクールに通うのは無駄なの?」「お金や時間を無駄にしたくない…」と不安になっていませんか? ネット上では「Webデザインスクールは無 ...

-Webライター
-, ,