Webライター

Webライターはきついって本当?きつい時期を乗り越える方法5選

Webライターきつい

「Webライターってきつい仕事なのかな。」

「Webライターできつい時期を乗り越えられるか不安。」

「Webライターになるメリットはある?」

このような悩みをお持ちではありませんか。

結論から言うと、Webライターがきついと言われるのは初心者の頃です。

初心者の時期を乗り越えられるか不安な人へ

本記事では、具体的に

  • Webライターがきついと言われる理由5つ
  • Webライターのきつい時期を乗り越える方法5選
  • Webライターになるメリット3つ

を分かりやすく紹介します。

Webライターをはじめてみたいけど不安な人や挫折しそうになっている人は、ぜひ最後までお読みください。

Webライターがきついと言われる理由5つ

Webライターは初心者の頃が一番きついです。

単価の低さやライバルが多くてなかなか案件が獲得できないなど、初心者にとって沢山の壁があります。

Webライターがきついと言われている理由を5つ紹介します。

低単価案件が多い

クラウドワークスやランサーズで仕事を探す際、初心者向けの案件で1文字0.3円の案件の場合、2000文字書いたとしても約600円。時給換算すると100円を切ることも多いです。

初心者の間は、低い単価の募集をつい探しがちですが、提案文などを改善して1円以上の案件を受注することも可能になります。

ライバルが多くて案件の獲得が難しい

Webライターは副業においても人気が高く、参入障壁が低いため、ライバルがとても多いです。

そのため、なかなか案件を受注できないことがあります。

初心者の頃はプロのWebライターに比べて、もちろんスキルも低いです。案件の単価が高いほど、受注するのが難しいと言えます。

初心者の間は、とにかくスキルを磨きつつ徐々に単価の高い案件に挑戦するのがおすすめです。

文章を書くのに時間がかかる

Webライターをはじめたてのころは、文章をスラスラと書けないため、なかなか執筆が進まないことがあります。

リサーチ、記事の構成、記事の執筆などを考えながら記事を書く必要があるので、はじめたての頃は1つの案件に対して7〜10時間ほどかかってしまう方も多い印象です。

徐々に慣れていくと、記事の執筆時間も短縮されて時給も上がっていき、時給換算すると普通のバイトよりも高くなります。

スケジュール管理が大変

副業でWebライターの仕事をする場合、隙間時間を使って記事を書く必要があるので、いかに効率よく記事を執筆するかが大切になります。

複数の案件を抱えると、パンクしてしまうことがあるので、自分のスケジュールを管理してキャパオーバーにならないように工夫する必要があります。

1人で作業するため孤独を感じる

Webライターは主に1人で作業をするため、机に向かって何時間も作業をするのが苦痛な人にとっては、慣れるまでつらいと感じるかもしれません。

ですが、Web ライターは自宅だけでなくカフェや旅行先でも仕事をすることができます。

気分転換に、たまには場所を変えて仕事をするのもおすすめです 。

Webライターのきつい時期を乗り越える方法5選

Webライターをはじめて1ヶ月で挫折する人は多いです。

そのため、はじめのきつい時期を乗り越えることで、Webライターの仕事を充実させることへ繋がります。

Webライターのきつい時期を乗り越える方法を5選、それぞれ紹介していきます。

はじめから稼げると思わず淡々と仕事をこなす

初心者のWebライターは、はじめの頃は単価が低くなりがちで思ってた以上に稼げないと感じてしまうかもしれません。

しかし、仕事を1つずつ丁寧にこなすことでスキルアップにつながり、単価も少しずつアップしていきます。

文字単価が低すぎる案件には応募しない

初心者向けの案件は0.1円や0.3円のものがあります。ですが、あまりに低すぎると挫折してしまう原因にもなります。

ずっと同じ低単価の案件ばかり受注せず、1円以上の案件にも積極的に応募することがおすすめです。

提案文を工夫して、今よりも単価の高い案件に応募してみるのも良いでしょう。

ジャンルを絞って特化型ライターを目指す

さまざまなジャンルの記事を書くことで、沢山の知識を得ることができます。しかし、毎回リサーチに時間がかかってしまいます。

少しでも執筆時間を短縮させたい人は、ジャンルを絞って特化型ライターを目指すのもおすすめです。

ジャンルの決め方は、自分の好きなジャンルまたは高単価のジャンルに挑戦してみるのも良いでしょう。

知識のないジャンルに関しては、書籍やネットを活用して学ぶのがおすすめです。

さらに特化型ライターになると単価もアップしやすいです。

SNSで同じような境遇の人をみて刺激をもらう

Webライターは1人で黙々と仕事をするため、孤独を感じる人が多いです。

対処法として、SNS を通じて同じような境遇の人や自分よりも歴の長い先輩ライターを見て刺激をもらうことがおすすめです。

いろんなWebライターを見て、自分は一体どんなライターになりたいのかを考え、目標に向けて仕事をこなしていくと良いでしょう。

まとめ:きつい時期を乗り越えてWebライターとしてスキルアップを目指そう

Webライターがきついと言われる理由やきつい時期を乗り越える方法について紹介しました。

Webライターになるメリットとして、自分が一生懸命書いた記事が読者の役に立つということです。

そして、文章力を身につけるとさまざまなシーンで活躍することができます。

さらに努力し続けることで収入は増えていきます。

Webライターは、とてもきつい仕事に見えますが、やり甲斐があり楽しい仕事です。

きつい初心者の時期を乗り越えて、Web ライターとして少しずつスキルアップしていきましょう。

本記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

ライター:桜井あさ美

よく読まれている記事はこちら↓

プレママ Amazon定期便 1

Amazon定期おトク便を利用されたことはありますか? 好きな商品を割引価格かつ送料無料で、自宅まで配送してくれるサービスです。 今回は、Amazon定期おトク便のメリットと利用方法、プレママにおすす ...

コツコツお小遣い稼ぎ 2

「コツコツお小遣い稼ぎできる良い方法ないかな?」 「コツコツお小遣い稼ぎをしている人はいくら稼いでいるの?」 このような悩みや疑問を持っていませんか? そのような方に向けて、この記事では、コツコツお小 ...

Webデザインスクールは無駄? 3

Webデザインスクールを受講するか検討している時に、「Webデザインスクールに通うのは無駄なの?」「お金や時間を無駄にしたくない…」と不安になっていませんか? ネット上では「Webデザインスクールは無 ...

-Webライター
-,