Webライター

Webライティング記事の書き方の基本と手順!初心者にわかりやすく紹介

web ライティング 書き方

「Webライターの案件を受注できたけど、Webライティング記事が難しい」

「どんな手順で書き進めるのが良いのかな」

「Webライティング記事の書き方が具体的に分からない」

せっかくWebライターの案件を受注できたできたけど、いまいちWebライティング記事の書き方が分からず困っている人に向けて、今回は基本的な記事の書き方を紹介します。

具体的には

  • 記事を書くための5つの手順
  • Webライターが注意すること5つ

順番に解説していきます。

Webライティング記事の書き方が分からない人は、是非参考にしてください。

Webライティング記事を書くための5つの手順

記事を書くにあたって、クライアントから指示されたキーワードから検索意図を考えます。そして読者の悩みに寄り添い、解決することが目標です。実際にどんな人がキーワードを検索しているのかを考えます。

それを踏まえたうえで、分かりやすい記事を書くことが大切になります。

記事を書く手順は大きく分けて5つです。それぞれ解説していきます。

記事タイトルを決める

タイトルはとても重要な要素です。

読者が惹かれるワードを書くことで記事を見てもらえる可能性が高くなります。

パソコンで表示した際、Googleの検索結果には32文字までしか表示されないので、32文字程度で収めるのが良いでしょう。

文字は左側の方が見られる傾向にあるため、キーワードはなるべく左側に入れることを意識する。

数字は目に止まりやすいので「5選」や「3つ」など積極的に使うのがおすすめです。

記事構成を考える

構成を決める際にキーワードが全然入っていない状態だと、読者が離脱してしまう可能性があります。離脱を防ぐためにも、キーワードはタイトルやリード文、本文それぞれに含ませるのがポイントです。

構成を考える際、おすすめの無料ツールがラッコキーワードです。

キーワードを入力して、検索上位サイトに表示されているサイトを参考にして記事の構成を考えることができます。

ラッコキーワード公式サイト

リード文(導入文)を書く

記事の冒頭であるリード文(導入文)では読者に寄り添い共感を得ることが大切です。

リード文を読むことで、記事は何について書かれているのか、記事を読むメリットを書くことが大切になります。

本文を書く

初心者Webライターはまず、PREP法を意識して記事を書くことがおすすめです。

PREP法で記事を書くことで、読みやすい文章を作ることができます。

結論Point
理由Reason
具体例Example
結論Point
PREP法

また、箇条書きができる箇所があれば積極的に使いましょう。

文章の誤字脱字チェック

「タイトル」「構成」「リード文」「本文」全て完成してから、誤字脱字がないかをチェックします。

無料で誤字脱字をチェックできるツールennoPRUVもあるのでぜひ使ってみてください。

Webライティング記事で注意すること6つ

文章を書く際、意識して注意するポイントを6つ紹介します。

1つ1つを意識するだけで、読みやすい記事に改善することが可能です。

表記ゆれをなくす

  • いぬ
  • イヌ

このように表記ゆれがあると、文章全体に統一感がなくなってしまいます。

あらかじめ表記を統一して記事を書くようにしましょう。

漢字・ひらがなのバランス

漢字とひらがなのバランスは3:7が良いとされています。

漢字が多すぎて読みにくい文章になってないか、全体のバランスを見て判断しましょう。

読みやすさを重視して改行する

読者にとって読みやすい文章を心がけ、パソコンで読んでもらうのであれば3、4行で一旦改行しましょう。

改行だけでなく、箇条書きで文章をスッキリさせるのも良いでしょう。

こそあど言葉を省く

こそあど言葉とは、指示語で「これ・あれ・それ・どれ」のことを言います。

多用するほど、記事全体があいまいな文章になってしまうので、極力使わないよう    にするのが良いでしょう。

レギュレーションに従う

クライアントから渡されたレギュレーションは何度も読んで見直しすることがおすすめです。

レギュレーションに沿った記事を納品することで、クライアントの手間を省くことができます。

著作権違反をしない

他者が撮影した写真や画像を勝手に使ってはいけません。

必ずフリー素材を使うようにしましょう。

フリー素材のサイトからダウンロードして、写真や画像を使うことができます。

まとめ:基礎を身に付けてWebライティング記事を書こう!

Webライターが記事を書く基本の手順や、Webライティング記事を書く際の注意点について紹介しました。

いざ初めて記事を書こうとしたら、何から書けば良いのか分からなくなった場合「タイトル」「構成」「リード文」「本文」の順に、書き進めることをおすすめします。

自分が書いた記事は読者にとって読みやすい記事なのか、分かりやすい内容が書かれているかを常に考えながら執筆する必要があります。

Webライターは、少しずつスキルアップしたりタイピングスピードが早くなることで、記事が完成する時間を短縮することができます。

ライター:桜井あさ美

よく読まれている記事はこちら↓

プレママ Amazon定期便 1

Amazon定期おトク便を利用されたことはありますか? 好きな商品を割引価格かつ送料無料で、自宅まで配送してくれるサービスです。 今回は、Amazon定期おトク便のメリットと利用方法、プレママにおすす ...

コツコツお小遣い稼ぎ 2

「コツコツお小遣い稼ぎできる良い方法ないかな?」 「コツコツお小遣い稼ぎをしている人はいくら稼いでいるの?」 このような悩みや疑問を持っていませんか? そのような方に向けて、この記事では、コツコツお小 ...

Webデザインスクールは無駄? 3

Webデザインスクールを受講するか検討している時に、「Webデザインスクールに通うのは無駄なの?」「お金や時間を無駄にしたくない…」と不安になっていませんか? ネット上では「Webデザインスクールは無 ...

-Webライター
-,